MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

花粉症の無い国、地域はどこ?調べてみたよ

      2017/09/19

gahag-0042890623_Fotor

国外脱出で花粉症とおさらば?

今年も花粉症の季節がやってきました。

この季節、花粉症の無い国、地域に旅したい、引っ越したいと思った事はありませんか? 

そんな方の為に花粉症の無い国や地域の有無を調べてみましたよ。

スポンサーリンク

そもそも花粉症とは?

花粉症は植物の花粉が目や鼻の粘膜に接触する事で引き起こされ、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどを引き起こします。

そして、春先に毎年花粉症を発症する方の多くはスギの花粉が原因と言われています。

gahag-0044267823

ところで、この花粉症、日本においてそんなに長い歴史をもつ病気ではないってご存知でしょうか? 

主な原因となっているスギ花粉ですが、本来、日本にはそんなに多くの杉が自生していた訳ではありません。

日本において、その多くが広葉樹だったにもかかわらず、高度成長期の需要に応える為に、成長の早い杉や檜が植樹された事が原因だそうです。また、都市化が進む事により、花粉が継続して舞いやすい環境となってしまったようです。

日本の花粉症は人災とも言えるのかもしれませんね。

日本国内で花粉症になりにくい地域は?

では、日本国内で花粉症になりにくい地域(杉の少ない地域)はあるのでしょうか? 

スギだけに限って言えば、沖縄や札幌以北の北海道はスギ花粉の飛散がすくないと言われています。

花粉症には様々な種類がありますが、スギ花粉が原因の方は、試しに週末だけでも北海道や沖縄へ旅してみてはいかがでしょう?

海外で花粉症になりにくい地域は?

先に杉(スギ)だけに限定した話をすると、杉は日本国内や中国の一部にしか生えていないそうです。

つまり、スギ花粉が原因とする花粉症の方は、この時期海外へ長期旅行する事で、辛い花粉症を経験しないですむ可能がありそうですよ!

但し、残念ながら花粉症の原因はスギだけではありません。

ヒノキ、マツ、イネ、ヨモギ等、様々な植物が原因となって花粉症を発症する為、海外でもスギ以外の原因による花粉症になる可能性もあります。

せっかく海外へ逃げてきたのに別の花粉症にかかってしまったなんで事にならないよう、世界各地における花粉の流行時期を知っておくと良いかもしれませんね。

ちなみに、世界には多く分けて3つの花粉症が存在するそうです。

  • スギ花粉症(日本)
  • イネ科(ヨーロッパ他)
  • ブタクサ(アメリカ全域)

それぞれの花粉症のピークは、

  • スギ花粉症 2〜4月
  • イネ科 5〜7月
  • ブタクサ 8〜10月

と、なります。

各国の花粉時期や種類についてはトリップアドバイザーに詳しい記事がありましたのでご紹介しておきますね。

 

まとめ

花粉症を避けて、国内や海外へ旅行する事は意味がありそうですね。

国内ならば、沖縄か北海道。

海外ならが中国以外へ旅行すれば、辛い花粉症を少しの期間でも忘れる事ができそうです。

最後に、花粉症時期の必需品マスクについて。

日本ではどこででも手に入る「マスク」ですが、海外では(主に欧米において)マスクの着用が一般的ではないため、欲しい時に手に入りにくい事が多いようです。

心配な方は事前に国内で用意して渡航した方が良さそうです。

ただし、日本のように気軽にマスクをしていると、重症疾患にかかっていると思われる可能性もあるそうですのでご注意ください。

Pocket

  おすすめトピック

 - ニュース・情報