MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

旅の道具

円高なので『Sierra Trading Post』でテントを個人輸入してみたよ。

投稿日:2016年9月26日 更新日:

mountainsmith-equinox-tent-4-personand3-season-a-2747u_2-1500-24〜5年前の超絶な円高から一転、数年円安傾向が続いていましたが、ここにきて1ドル100円前後が続き、ようやくまた個人輸入を再開してみようかと。

今回は秋キャンプ用として、日頃使っているよりもう少し軽いテントが欲しくなってきた為、お買い得なテントを海外サイトで探してみましたよ。

スポンサーリンク

利用したのはSierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)

今回利用したのはアメリカのアウドドア用品アウトレットサイトSierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)

もともと海外ブランドのアウトドア用品は国内外の価格差が大きく、円高時にはその差は開くばかりですが、Sierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)はアウトレット価格だけに、さらにお得に購入できる可能性があるって訳です。

僕の初海外通販はこのSierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)でしたが、特にトラブルになることもなく、サイト自体も日本ユーザーを大事にしている感じが昔からしているので安心して買い物できるサイトとの認識です。

軽くてお買い得なテント、はたしてシエラトレーディングポストで見つかったのでしょうか?

個人輸入不可商品が増えてきたけどまだまだ掘り出し物あり

僕がSierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)を利用し始めたのは6年以上前。

当時も個人輸入が出来ないブランドは結構あった(パタゴニア、アークテリクス等)のですが、久しぶりにみてみるとその範囲がより多くなっているみたいですね。

当時OKだったブランドも軒並み国内発送(アメリカ)のみになっているようです。

これはかなり残念です。

ちょっと良いなぁと思ったケルティのテントもNGです。

ただし、注意深く見てみるとそのお得さは相変わらず。

日本ではとても高いMSRのテントもありますし、軽量なビッグアグネスのテントもあるようです。(まぁ、国内価格からすればかなり安いとは言え、どちらもそれなりの値段ではありますが。)

注文したのはマウンテンスミスのテント

前置きが長くなりました。

今回最終的に注文したのは、マウンテンスミスのテント「Mountainsmith Equinox」です。

このテント、ダブルウォールで4人用。耐水圧2000mm、アルミ製のポールを使用し重さ2.9kgと、1万円前後の格安テントに比べればかなりまともなスペック。

気になるお値段は119.9ドル(注文時)、12,000円ちょっとです。

244 x 213 cmと、そんなに大きくはありませんが、実際に使うのは2人なので問題なし。なによりその軽さに期待してしまいます。

マウンテンスミスは、今季国内でテントの販売をしていないようですので、国内価格は分かりませんが、アメリカの小売価格は199ドル。国内販売されたとしたら2万〜3万程度になるのではないでしょうか。

Sierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)の送料

ただし、個人輸入時に支払うのはもちろんこれだけではありません。

アメリカから取り寄せる送料がかかってしまいます。

Sierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)の場合、購入金額で送料が変動する価格設定となっています。

注文金額 送料
$0.00 - $60.00 $38.00
$60.01 - $120.00 $45.00
$120.01 - $240.00 $52.00
$240.01 - $350.00 $65.00
$350.01 - $500.00 $80.00
$500.01 - $700.00 $100.00
$700.01 - $999.99 $125.00
$1,000+ 25% of order total

今回のテントは119.9ドルでしたので、テントだけ注文した場合は45ドル。送料がそれなりの値段ですのでお得感がぐっと低くなってしまいますね。

コツはお得な商品の複数注文

いくらお得な商品が見つかったとしても、送料まで含めると今回のようにあまりお得感がなくなってしまう事があります。「これなら並行輸入している業者から購入した方が安いじゃないか」「この価格差なら国内販売代理店のサポートがあった方が安心」って事も多々あります。

そんな時、僕のおすすめしたい利用方法としては、もう数点お買い得な商品が無いか探してみて、複数商品まとめて注文できるならば利用してみるって方法です。自分が欲しいものが無い場合、知人を誘って送料を折半するのも手です。

今回は前から欲しかった商品(これはまた別の機会に紹介しますね。)が激安で見つかったのでもう2商品追加して、計239ドルの注文となりました。送料は少し値上がりして52ドル。ただし、1アイテムあたりの送料はぐっとお安くなってますよね。

実際はこのあと関税がかかってきますのでかかる費用はこれだけではないのですが、詳細は次回にでも。

あと、気になる商品到着までの時間ですが、過去の経験から1週間〜10日前後が多かったように記憶しています。驚くほど早い訳ではなりませんが、のんびりしてると意外と早く着きます。

クーポン利用は必須

あと、Sierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)を利用するうえで忘れてなら無いのはクーポンの利用です。ぱっとサイトを見ただけではこのクーポン価格が適用されていませんのであまりお得感を感じ無い方もいらっしゃるかもしれませんが、クーポンを適用するとさらに20%〜25%OFFなんて事はザラ。(クーポン適用対象にならない商品もあり)

初めて利用する方も、久しぶりの利用の方も忘れずに最新クーポンを適用してくださいね。(メールを登録すると送られてきます。)

まとめ

なんだか途中からSierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)の紹介になってしましました。

ちなみに注文したテントはまだ未到着。初利用は来月の朝霧JAMになる予定です。(間に合うと良いのですが)国内販売されていない商品のレビューにどこまで価値があるかわかりませんが、使用次第このブログでご紹介しますね!

【関連情報】
Sierra Trading Post(シエラトレーディングポスト)

  おすすめトピック

-旅の道具

Copyright© MONOTABI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.