MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

モンベルのおすすめ折りたたみ傘はどれ?全7種からセレクト

      2017/09/19

Pocket
LINEで送る

gf01a201410291000著作者: @Tuncay

以前こんな記事を書きました。

今日、モンベルストアを訪問する時間がありましたので、記事中でもとりあげた旅用の傘を見てきましたよ。

ところで、モンベルには傘が7種類もあるって知っていましたか?

前回おすすめに挙げた「トレッキングアンブレラ」以外にも、「U.L.トレッキングアンブレラ」「トラベルアンブレラ」「ロングテイル トレッキングアンブレラ」「リフレック トレッキングアンブレラ」「カモワッチアンブレラ」「サンブロックアンブレラ」とそれぞれ特徴のある傘が用意されています。

自然に馴染む事を目的とした「カモワッチアンブレラ」と、夜の視野性をあげる事を目的とした「リフレック トレッキングアンブレラ」、あと、UVカットが特徴の「サンブロックアンブレラ」は、どれも悪くないのですが、重量170g台と、他の傘に比べるとやや重め。旅には可能な限り軽い傘を持って行きたいので選択肢からは外れそうです。

残る「U.L.トレッキングアンブレラ」「トレッキングアンブレラ」「トラベルアンブレラ」「ロングテイル トレッキングアンブレラ」の4つの中で、どれが旅用の傘としてベストなのか改めて確認してみました。

スポンサーリンク

モンベルの旅用ベスト傘は?

比較

それぞれの機能を比較してみましょう。特徴のあるスペックは赤文字にしています。

  U.L.トレッキングアンブレラ トレッキングアンブレラ トラベルアンブレラ ロングテイル
トレッキングアンブレラ
価格 ¥4,800 +税 ¥4,500 +税  ¥5,200 +税 ¥5,500 +税 
 本体
重量
 128g  150g  86g  145g
 直径  88cm  98cm  88cm 92cm
 骨長  50cm  55cm  50cm  前50cm、後58cm
 骨本数  8本   8本  6本   8本
 折畳み
サイズ
 24cm  25cm  23cm  26cm

軽さ最優先ならトラベルアンブレラ

IMG_8216

あまりにも軽い傘は、耐久性に問題がある事が多く避けてきたのですが、「トラベルアンブレラ」は想像よりも良いかもしれません。なんせ86g、圧倒的な軽さです。

そして、心配していた「さしにくさ」も、試した限りでは問題なし。軽さ最優先で選んだとしても、全く使い物にならないなんてことにはならないでしょう。

ただ、やはり骨組みは他の傘に比べるとかなり細く、強い風には弱い可能性大。そこを理解したうえで、雨を最低限防ぐ目的で選ぶならばコレ、オススメです。

「U.L.トレッキングアンブレラ」VS「トレッキングアンブレラ」

IMG_8218

「U.L.トレッキングアンブレラ」と「トレッキングアンブレラ」のどちらを選ぶかは悩ましい問題です。価格差は僅か。重さは「U.L.トレッキングアンブレラ」が22g軽いですが、「トレッキングアンブレラ」はその分余裕のある大きさが魅力です。んー、悩ましい。

IMG_8217

両者のもう一つの違いは、傘生地の違いです。「U.L.トレッキングアンブレラ」の方がより薄く、雨の弾きが良いそうです。

旅には「ロングテイル トレッキングアンブレラ」がベストかも

最後に残った「ロングテイル トレッキングアンブレラ」。値段こそ一番高いですが、それを考慮しても一番良いかもしれないと感じたのはこの傘です。前述の「U.L.トレッキングアンブレラ」と同じ薄く撥水性の高い生地を使用し、重さも僅か145gです。

そして、何と言っても一番の特徴は背中部分の生地が長くなっていることでしょう。これにより背負った荷物を濡らすことなく移動可能です。いいなぁ、この機能。

ロングテイル トレッキングアンブレラ

画像:モンベルHP

まとめ

さすが日本のトップアウトドアブランド「モンベル」。どれを選んでも旅用の傘としては満足できそうです。

迷ってしまいますが、一つ選ぶのならば飛び道具的な「ロングテイル トレッキングアンブレラ」。バランス重視ならばやっぱり「トレッキングアンブレラ」かなぁ。

あと、モンベルの傘全てに共通する機能ですが、ボタン(ポチッと押す部分)が指を挟まないように設計されています。傘を選ぶ際、この機能を重視する人は多くないでしょうが、旅先で余計な怪我の心配をする必要がなくなるのは良いですね!

Pocket
LINEで送る

  おすすめトピック

 - 旅の道具