おすすめスポット

迎賓館赤坂離宮の見学方法や見どころ注意点などを紹介します

2016年4月18日

いまや東京を観光するならば欠かせないスポットの一つと言える迎賓館赤坂離。

まるでベルサイユ宮殿のように豪華絢爛な迎賓館赤坂離宮の内装は、何度見てもその豪華さに圧倒されてしまいます。

しかし、迎賓館赤坂離宮の見学方法にはいくつか把握しておくべき点があります。

迎賓館赤坂離宮の見学のポイント

  • 公開日は必ず事前に確認を
  • 前庭、本館は予約不要
  • 和風別館は要予約
  • 小学生以下は和風別館の見学不可
  • 食事をする場所は事前にチェックを

以降でおすすめの見学コースや予約なしで見学できるエリア、施設内や周辺のランチ事情など、迎賓館赤坂離宮の見学方法についてご紹介します。

迎賓館赤坂離宮は2021年12月2日(木)より事前予約なしで参観できるようになりました。但し、参観の条件は状況次第で随時変更となっていますのでご注意ください。また、和風別館の参観や20名以上の団体は必ず予約が必要です。

迎賓館赤坂離宮とは

迎賓館赤坂離宮は、明治42年(1909年)に、東宮御所(皇太子の居所)として建築されたネオ・バロック様式の建物です。

迎賓館赤坂離宮は鹿鳴館や三菱一号館などを設計した建築家ジョサイア・コンドルの弟子にあたる宮廷建築家「片山東熊」の設計により建てられました。都内では新宿御苑御休所東京国立博物館 表慶館も片山東熊の作品として有名です。

総工費は当時の価格で510万円。今の価格で計算すると1,000億近い金額になるとか。ただし現在ではいくらお金をかけても手に入らない材料もあり、実はいくらかかるかの算出はかなり難しいそうです。

多くの費用をかけて建てられた迎賓館赤坂離宮ですが、あまりの豪華さや住居としての使い勝手の悪さもあり、天皇家が御所として利用される事はほとんどありませんでした。管理が国へ移された戦後は用途が定まらず、「国立国会図書館」や「裁判官弾劾裁判所」、「東京オリンピック組織委員会」など、様々な事に使われています。

その後、改修に108億円もの費用と5年の歳月をかけた末、昭和49年(1974年)より現在の迎賓館として使われるようになりました。

迎賓館赤坂離宮は平成21年(2009年)に明治以降の建造物として初の国宝に指定されています。

迎賓館赤坂離宮のアクセス(JR、東京メトロ、バス停)

迎賓館赤坂離宮には駐輪場や駐車場がありませんので個人で見学する場合は公共交通機関を利用するようにしましょう。

迎賓館赤坂離宮の最寄り駅は四ツ谷駅。本館や和風別館を見学する際の入り口は「西門」です。

◆JRの場合

中央線・総武線「四ッ谷」駅下車、赤坂口より徒歩約6〜7分

◆東京メトロの場合

丸ノ内線「四ッ谷」駅下車、1番出口より徒歩約7分 
南北線「四ッ谷」駅下車、2番出口より徒歩約7分

◆バス停

四谷一丁目 徒歩約8〜9分
四谷駅 徒歩約8〜9分
四谷駅前 徒歩約8〜9分

最初に迎賓館赤坂離宮の見学できる日を確認しましょう

先述した通り、迎賓館赤坂離宮はいつでも見学できる訳ではなく公開日が限定されています

先ずは訪問した日が公開日でない限り見学はできませんので、HPやTwitterで公開日のスケジュールを確認しましょう。

また、公開日は急遽変更になることもありますのでご注意下さい。

各施設の見学方法については後述します。

迎賓館赤坂離宮の公開施設と見学料金、入館方法

公開日を確認したら、見学する施設を決めましょう。

迎賓館赤坂離宮の公開は、「迎賓館赤坂離宮前庭」「本館」「和風別館」「庭園」の計4つのパートに分かれており、見学は以下のコースが設定されています。

  1. 本館・庭園(主庭及び前庭)
  2. 和風別館・本館・庭園
  3. 和風別館・庭園
  4. 庭園

公開されている施設を全て見学できるのは2番の「和風別館・本館・庭園」ですが、予約必須だったり年齢制限があったりしますのでハードルはやや高め。気軽に見学したいならば、おすすめは1番の「本館・庭園」を見学できるコースです。

迎賓館赤坂離宮前庭(入場自由)

迎賓館赤坂離宮の公開時は自由に入場可能です。年齢制限もありません。

ただし見学できるのは前庭だけで、迎賓館赤坂離宮の建物の中には入る事はできません

迎賓館赤坂離宮の建物に近づくだけでその凄さは伝わってきますが、せっかく訪問するならば是非建物も見学する事をおすすめします。

入場口迎賓館赤坂離宮正門
公開時間10:00~17:00(入場受付16:30終了)
入場できる方事前申込不要で入場自由
参観料金 無料

本館・庭園 (予約不要・有料)※20名以上の団体は要予約

本館の見学では、玄関ホールと、花鳥の間、彩鸞の間、そして羽衣の間などを見学することができます。(朝日の間は修復工事中の為見学できません)見学時間の目安は1時間から1時間30分程度となります。

ちなみに、本館内の写真撮影はできませんのでご注意下さい。

本館・庭園の参観料金(2022年11月現在)

迎賓館で特別展が開催されている時には通常料金とは参観料金が異なりますので注意が必要です。

入場口迎賓館赤坂離宮西門(学習院初等科側の門)
公開時間10:00~17:00(入館受付16:00終了)
予約予約ページ(20名以上50名以下 20名以上の団体は要予約)
参観料金

 展示展の開催時は特別料金

一般1,500円、大学生1,000円、中高生、500円、小学生以下は無料

和風別館・本館・庭園(定員制・要事前申し込み・有料)

和風別館の見学はガイドの方がつくガイドツアーとなります。そのため、時期に関わらず和風別館の入館には事前申込が必要となります。

申し込み可能な人数は1名から10名までとなります。

また、年齢制限もあり、小学生以下のお子様は見学できませんので注意が必要です。

和風別館の見学後は本館見学も可能です。

見学時間の目安は2時間から2時間30分程度となりますので、ゆとりをもって見学時間を確保しておきましょう。

なお、本館を参観しない和風別館+庭園コース(所要時間1時間〜1時間30分程度)を選択することも可能です。

和風別館の参観料金(2022年11月現在)

本館の見学と同様に、展示展の開催時は特別料金となります。

実施形式ツアー開始時間:10:30、11:00、11:30、12:00、12:30、13:00、13:30、14:00、14:30、15:00(計10回)※土日祝日の15:00の回は英語ガイドツアー
入場口迎賓館赤坂離宮西門(学習院初等科側の門)
入館できる方中学生以上
定員各時間15名
申込方法予約ページ(1名以上10名以下)
参観料金

※展示展の開催時は特別料金

和風別館+本館+庭園 一般:2,000円、大学生:1,500円、中高生:700円
和風別館+庭園 一般:1,500円、大学生1,000円、中高生:500円

庭園(有料)※大学生以下は見学無料

迎賓館赤坂離宮の建物には入らず庭園のみ見学することも可能です。

庭園のみ見学には予約の必要はなく、年齢制限もありません。庭園は写真撮影が出来ますのでぜひカメラを持参して撮影を楽しみましょう。

庭園の目玉である噴水は、メンテナンスのため稼働していないこともありますので、事前に情報を確認しておくことをおすすめします。

庭園の参観料金(2022年11月現在)

実施形式10:00~17:00(16:30受付終了)
入場口迎賓館赤坂離宮西門(学習院初等科側の門)
入館できる方年齢制限なし
定員 
申込方法 
参観料金300円 大学生以下無料

 

迎賓館赤坂離宮の見学にかかる時間(滞在時間)の目安

迎賓館赤坂離宮の見学はどの場所を見学するか次第で所要時間が変わってきます。

コース見学時間
前庭15分〜30分
本館及び庭園1時間〜1時間半
和風別館+本館及び庭園2時間〜2時間半
和風別館+庭園1時間〜1時間半
庭園30分から45分程度

上記はチケット購入の待ち時間は考慮されていない見学時間です。混雑次第ではさらに時間がかかりますので、余裕をもって訪問しましょう。

迎賓館赤坂離宮を見学する際の服装や靴について

迎賓館赤坂離宮を訪問するうえでドレスコードのようなものはありません。

普段着で見学しても何の問題もありませんが、じっくりみれば1時間以上歩くことになりますので、スニーカーなどの歩きやすい靴や服装が最適です。

ただし、いくら自由だとはいえ最低限のマナーは必要です。迎賓館は「迎賓館の品位を貶める風紀を乱す服装で敷地内に立ち入ること」を禁止されています。常識的な服装で訪問するようにしましょう。

僕が訪問したときには、和服を着て見学している方がちらほら見受けられ、迎賓館の雰囲気とマッチしていて素敵でした。せっかく迎賓館赤坂離宮を見学するのであれば、普段より少しドレスアップして訪問してみても楽しいかもしれませんね。

迎賓館赤坂離宮のロッカーについて

ロッカーは本館に隣接している休憩所に用意されています。

手荷物のある方は先に休憩所を訪れ、荷物を預けてはいかがでしょうか。

しかし、スーツケースなどの大きな荷物は予め持ち込まない方が無難です。駅やホテルに預けたうえで訪問するようにしましょう。

音声ガイドの貸し出しあり

guide2

迎賓館赤坂離宮では音声ガイドを貸し出ししています。

この音声ガイドは非常におすすめです。迎賓館に対する理解が一層深まります。

迎賓館赤坂離宮、周辺のランチについて

迎賓館赤坂離宮の正門前にはカフェが、迎賓館赤坂離宮内ではアフタヌーンティーを楽しむことができます。

ただし、迎賓館赤坂離宮の周辺は飲食店があまり多くありません。

当然人気のお店はかなりの競争率となりますので、周辺で食事をとりたい方は事前にランチ情報も調べておき、効率よく訪問する事をおすすめします。

迎賓館赤坂離宮前休憩

迎賓館前の公園に観光案内の機能を備えた休憩所がオープンしました。

迎賓館限定のグッズやお菓子の販売、食事も出来るカフェを併設しています。

アフタヌーンティーを予約して優雅なひとときを

迎賓館赤坂離宮の前庭でアフタヌーンティーをお楽しむこともできます。

1日20セット限定となりますので、予約したうえで訪問することをおすすめします。

アフタヌーンティーの予約はオンラインから可能です。

迎賓館赤坂離宮 アフタヌーンティー予約の詳細
https://npoparkcafe.jp/afternoontea-info/

まとめ

以上、迎賓館赤坂離宮見学方法のご紹介でした。

「迎賓館赤坂離宮」は毎日公開している訳ではありませんので見学のハードルは少しだけ高いかもしれませんが、日程を調整してでも見学する価値のある施設ですので、ぜひ訪問してみて下さい。

注意点を簡単にまとめると、

ポイント

  • 公開日は必ず確認を
  • 現在「本館」の見学は予約不要
  • 「和風別館」の見学は要予約
  • 小学生以下は「和風別館」の見学不可
  • 食事する場所は少ないので事前にチェックを

以上の5点です。

そうそう、本館を見学の際はぜひ音声ガイドのご利用もお忘れなく。音声ガイドがあるだけで迎賓館赤坂離宮への理解が格段にあがることは保証いたします。

国内屈指の豪華絢爛な施設である迎賓館赤坂離宮を存分に楽しんできて下さい。

<詳細> 迎賓館赤坂離宮

【関連記事】

2016年の情報になりますが、迎賓館赤坂離宮の見学レポートです。

関連記事
迎賓館赤坂離宮へ行ってきたよ!混雑や整理券の配布状況など。

続きを見る

体力のある方は、同じ日に国会見学もいかがでしょう。

国会議事堂の見どころは?見学方法も紹介します

続きを見る

2016年にオープンした北斎美術館を紹介しています。

すみだ北斎美術館に行ってきた。ひどい導線に対する少し辛口な感想など。

続きを見る

  • この記事を書いた人

モノタビ

MONOTABI(モノタビ)は、旅や日常に使えるギアの紹介を中心に、話題の情報やモノを紹介するブログです。記事はパタゴニア、カメラ、旅、音楽、アート、下町情報多めです。

-おすすめスポット