MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

すみだ北斎美術館に行ってきたよ。混雑状況や、少し辛口な感想など。

      2017/09/19

すみだ北斎美術館

11月22日に開館した「すみだ北斎美術館」に行ってきましたよ。

「すみだ北斎美術館」は、葛飾北斎が人生のほとんどを墨田区周辺で過ごした事にちなんで建設された美術館です。

ニュースやNHKの特番で大きく取り上げられていましたので、オープンをご存知の方も多いのではないでしょうか?

これはきっと両国の新名所になるのでは?とかなりの期待をして訪問した「すみだ北斎美術館」、早速現地の様子をお届けしますよ!

スポンサーリンク

「すみだ北斎美術館」のアクセス

先ずは「すみだ北斎美術館」へのアクセスを紹介しておきましょう。

すみだ北斎美術館
所在地: 〒130-0014 東京都墨田区亀沢2丁目7番2号

「すみだ北斎美術館」の最寄り駅は「両国駅」。

両国駅は都営大江戸線の「両国駅」と、JR総武線の「両国駅」がありますが、近いのは都営大江戸線の「両国駅」。徒歩5分程度で到着可能です。JR総武線の「両国駅」からだと9分〜10分程度かかってしまいますので少し遠く感じるかもしれませんね。

ちなみに、この日は自宅から散歩がてら45分程度歩いて到着。

ひたすら江東区と墨田区の下町(門前仲町→両国)を歩いて行くのですが、道中北斎絡みの看板がちょこちょこ有り、なかなか楽しめますよ。

「すみだ北斎美術館」の設計は妹島和世さん

すみだ北斎美術館外観

現地に到着するとどーんと目に入るのはかなり印象的なその建物。

この美術館を設計したのは著名な建築家、妹島和世さんです。

ミラーになった外観に青空が反射した姿は大変美しく、美術館内に入る前にしばし見とれてしまいました。

「すみだ北斎美術館」の開館にはすったもんだがあったようで、計画自体はかなり以前からあったのですが、予算不足の為延期に。「墨田区北斎基金」として全国から寄附を募るなどしてようやくオープンにこぎ着けた美術館です。

妹島和世さんに設計をお願いする事が、高いのかそうでもないのかは業界に疎いので全くわかりませんが、いずれにしてもこの外観は訪れた人にかなりの期待を抱かせるものである事は間違いありません。

すみだ北斎美術館の訪問は事前のチケット購入が賢いかも

すみだ北斎美術館の行列

写真を一通り撮り終え、ようやく館内に入ろうと思ったら建物の外まで行列ができています。

一瞬あの行列(伊藤若冲展)を思い出し、かなりウンザリしてしまいましたが、係の方に聞くと15分程度でチケットを購入可能との事。

そう、この行列は「チケット購入者」の行列なんです。

すみだ北斎美術館チケット売り場

チケット購入済みの方は行列に並ぶ事なくあっさりとエレベーター前(ここでも行列なんですけどね)へ進む事が可能です。

調べてみたところ、企画展は前売り券の販売を周辺の施設で行っている(※1)ようです。

常設展示のみのチケットを別の場所で購入できるのかどうかは分かりませんでしたが、企画展目的で訪問するのであれば、前売り券を事前購入しておくべきですね。

チケットカウンターから建物の入り口まで非常に距離が短い為、ちょっと混雑しただけで外まで行列ができてしまいます。この日は寒いながらも晴天だった為問題なかったですが、雨の日や、もっと寒い日(暑い日も)に外で並ぶ事になるのは悲惨です。

あれ?この建物少し動線わるくない?と不安になったのはここがスタート(詳しくは後述)

※1 現在開催中の企画展「北斎の帰還」は下記場所で前売り券を発売していたようです。数量限定販売ですので、在庫が残っているかは分かりませんが、訪問予定の方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

・第一ホテル両国
・東武ホテルレバント東京
・吾妻橋観光案内所
・両国観光案内所
・すみだまち処

「すみだ北斎美術館」の料金

すみだ北斎美術館のチケット料金

常設展示は大人400円、現在開催されている企画展は1,200円でした。

企画展の料金で常設展示も観る事ができるとの事でしたので今回は企画展をセレクト。

現在開催されているのは「北斎の帰還」。

海外に流失し、最近まで100年近く行方不明だった幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」が目玉の企画展です。

すみだ北斎美術館 企画展料金

常設展示 料金
一般  400円(団体320円)
高校生、大学生、専門学校生、65歳以上 300円(団体240円)
未就学児童、小学生、中学生 無料

企画展 料金
企画により異なる

「すみだ北斎美術館」の常設展示は工夫が多くて面白い

すみだ北斎美術館常設展示

チケットを購入するとエレベーターで4階へ。

4階では常設展示と企画展が開催中です。

最初に見たのは常設展示。

常設展示に葛飾北斎の作品が数多く展示されているのですが、要所要所にオープンしたばかりの美術館らしい工夫がありました。

すみだ北斎美術館タッチパネル

作品の近くには多くの説明用モニター(タッチパネル式)が用意されています。

このモニター、日本語はもちろん、英語や中国語にも対応してます。北斎の人気は海外でも大変高いものがあるだけに非常に活躍するんじゃないでしょうか。海外から来た知人を連れてきても安心ですね。

すみだ北斎美術館 北斎人形

気持ち悪いくらいリアルな北斎人形(リアルなだけじゃない!)もあり、大人もはしゃいでしまいます。

あと、常設展示会場内は写真撮影も可能(一部撮影不可も作品あり)です。

美術館内の写真撮影は賛否ありますので周りに気をつかいながら撮影する必要がありますが、これは嬉しい方も多いのでは?

一方、企画展の方は館内撮影不可ですのでご注意ください。

企画展「北斎の帰還」はやや寂しい内容

常設展示とは反対に、現在開催されている企画展「北斎の帰還」にはやや寂しい印象をうけました。

目玉作品「隅田川両岸景色図巻」には感心するものの、全体的に見せ方にあまり工夫がなく、活用されていない壁面が目につくなど、「雰囲気作り」に失敗しているように感じます。

これは時間が無かったのか、はたまた予算不足なのかは分かりませんが、常設展示が好印象だっただけに拍子抜けしてしまいました。

また、常設展示では他言語対応していた作品解説も、企画展ではタイトルを除き日本語のみになるなど、ちょっと中途半端な対応のように感じます。

「すみだ北斎美術館」は動線悪し!混雑する時間は極力避けるが吉

すみだ北斎美術館 エレベーター行列ネガテイブな事を書くべきでないのは承知しているのですが、「すみだ北斎美術館」はあまりにも動線が悪すぎるように感じます。

・チケットを買う行列
・4階までの上がるエレベーターの行列
・1階まで戻るエレベーターの行列

と、要所要所で行列が発生する造りになっています。

企画展を見終えた後、3階から出口の1階に戻るには、階段が無いため必ずエレベーターに乗る必要があり、4階と3階それぞれの階でエレベーター待ちの行列が発生してしまうんですよね。下りぐらい階段でOKって方は多いと思うのですが、強制的に行列に並ぶ必要がありです。

もちろんオープン直後で混雑している影響が大きいのは分かりますが、造り自体がどうも微妙なんじゃないかしら。もう少しどうにかならなかったのかなぁ。あまり大きな施設ではないだけに、いろんな制約があって難しいのでしょうか?

こうなると、当分極力混雑しそうな週末の日中は避け、平日や朝イチ、若くは閉館直前に訪問する方が良さそうです。

開館時間は9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)ですので、夕方の訪問ならば16時半ごろがベストかもしれません。そんなにじっくりと観ないのであれば1時間程度で常設展示と企画展どちらも回れるかと。

あと、係の方の案内にもありましたが、常設展示と企画展のどちらも見学するのであれば、先に常設展示から見学した方がスムーズに動く事ができます。(4階常設展示→4階企画展→3階企画展)

また、ロッカーが地下1階にありますので、周りの迷惑にならない為にも大きな荷物は事前に預けておくべきでしょう。

まとめ

やや辛口な感想になってしまった「すみだ北斎美術館」ですが、現状でもチケットの事前購入(要確認)や混雑時間を避ける事で多少問題を回避する事は可能です。

まだオープンしたばかりですので、今後どんどん改善してくる事に期待ですね。

両国に誕生した「両国国技館」「江戸東京博物館」に続く目玉施設「すみだ北斎美術館」、ぜひ訪問してみて下さい!

すみだ北斎美術館
所在地: 〒130-0014 東京都墨田区亀沢2丁目7番2号
開館時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)、年末年始
公式HP:http://hokusai-museum.jp/

Pocket

  おすすめトピック

 - アート