パタゴニア

パタゴニア「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」は大人でも使いやすいローキャップ

P-6 ラベル・トラッド・キャップ

以前よりも髪を斬りに行く頻度が極端に減ってしまったこともあり髪はすぐにボサボサ。そんな時は髪を整えずに外出できるキャップがあると便利ですが、大人が普段使いしやすいものとなると選択肢は限られてきます。

お馴染みパタゴニアもキャップに関してはロゴがドカーンと付いていて日常的に使うにはちょっと厳しいかもなぁと感じるキャップがほとんど。

しかし、パタゴニアにも「お大人でも使いやすい」キャップがありました。それが今回ご紹介する「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」。早速ご紹介したいと思います。

パタゴニア「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」

P-6 ラベル・トラッド・キャップ正面

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」 はパタゴニアの定番キャップのひとつ。そのため今更ご紹介せずともご存知の方は多いのではないでしょうか。

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」を簡潔に紹介するならば「パタゴニアで一番普通のキャップ」と言えそうです。デザインは極めてスタンダード。トラッドキャップ(伝統的な帽子)という「そのまま」な名前を持つだけあり、特に尖った性能がある訳でもないキャップです。

せっかくパタゴニア製品から選ぶならばもっと機能的な特徴をもったキャップを選ぶべきなのかもしれませんが、この「普通さ」こそ「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」価値だと思うのです。

パタゴニア「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」の浅めな被り心地は普段使いしやすい

P-6 ラベル・トラッド・キャップ横側

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」のデザインを今風の言い方をすると「ローキャップ」とでも言うのでしょうか。

被り心地は適度に浅め。スポーツ用途であれば「浅さ」は逆に使いにくくなってしまう場面もありそうですが、普段使いならばこのぐらいがベスト。これ以上深い被り心地やシルエットになるとアウトドア感やスポーティーさが強くなってきてしまいます。

パタゴニア「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」の素材(しわかん)が魅力的

P-6 ラベル・トラッド・キャップの素材感

 

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」の素材はオーガニックコットン100%。つば部分に関しては漁網をリサイクルした素材が使われています。

コットン製ですのでアウトドア製品では当たり前に備えていることの多い「防水性」や「撥水性」、または「軽さ」などの尖った機能は皆無です。

その代わり、少しシワ感のある素材のおかげでどんな服装にもあわせやすく、活躍の幅が広いアイテムです。逆に、アウトドアメインの用途であればこの「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」以外のアイテムを選んだ方が良さそうです。(理由は後述します)

適度なつばの長さと曲がりは大人でも使いやすい

P-6 ラベル・トラッド・キャップのつば部分

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」つば部分は適度な長さ。長すぎず、かと言って短すぎる訳でもなく、クセの無いデザインです。

つば部分は軽く曲がっています。この部分も実はかなり重要なポイントです。「フラットバイザーキャップ」と呼ばれているつば部分がまっすぐなキャップは大人がかぶると「若々しすぎる」印象になってしまいがち。その点かるく曲がっている「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」のつば部分は大人でもかぶりやすいデザインなのです。

ロゴ無し「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」が欲しいかも

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」のロゴは2ヶ所。

商品名にもなっている「P-6 ラベル」が前方に一つと、

P-6 ラベル・トラッド・キャップ後側

後方のストラップ部分にもう一つ付いています。

ロゴに関しては完全に好みの問題ですが、僕自身は「前方のロゴなしモデルが存在すればもっと使いやすいのに」と思ってしまいます。

P-6 ラベル・トラッド・キャップロゴ無しイメージ

「P-6 ラベル」という商品名を全否定してしまうようなものですが、使いやすいデザインだけにさらなる「シンプルさ」を求めてしまうのです。

カラー選択が悩ましい「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」は豊富に用意されたカラーも特徴のひとつです。

ブラックやネイビーなどの定番カラーだけでなく、写真のような黄色系(正確にはBuckwheat Gold)やピンク(アウトレットで販売中)などの限定カラーが毎年登場します。

手堅く選ぶならばブラックかネイビーかもしれませんが、限定カラーも魅力的。購入時のカラー選択は非常に悩ましい決断を迫られることになります。

僕はあまりにもジャケットやパンツに黒系が多いのであえて黄色を選択。外しのワインポイントとして気に入ってはいるのですが、やはりブラックやネイビーなどの目立たないカラーが欲しい場面もあり、結局追加で買ってしまうことになりそうな予感です。

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」はサイズ調整可能だけれど・・・

P-6 ラベル・トラッド・キャップはワンサイズ

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」はワンサイズのみ。

ワンサイズのみと聞くとサイズ感が心配になるかもしれませんが、「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」はストラップでサイズ調整できますので問題ありません。僕の頭はやや大きめですが、ストラップを緩めてしまえばかなりゆったりとしたサイズ感でかぶることも可能です。

ただし、このストラップに関しては少しだけ注意が必要です。

P-6 ラベル・トラッド・キャップのストラップ部分

緩めるにしてもきつくするにしてもさっと調整できる訳ではなく、調整時には一旦脱いでしまう必要があります。そのため、落としてしまうと取り返しがつかない自然の中や、道路を走る自転車の運転中などには「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」は少し使い難い気が。あくまでも普段使いが無難です。

コットン素材を使用した「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」を本格的なアウトドア用途や悪天候時に使用したい方はそう多くはないと思いますがご注意ください。

まとめ

P-6 ラベル・トラッド・キャップ着用イメージ

以上、簡単ですがパタゴニア「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」のご紹介でした。

終始「大人でも使いやすい」なんて書いてきましたが、「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」は普段使いのキャップを探している方にうってつけ。性別年齢関係なくおすすめできるキャップです。お店の方曰く「男性はもちろん女性にもかなり人気ですよ」とのこと。たしかに「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」を使用している女性を見かけるような気がします。

「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」のお値段は5000円以内とリーズナブル。自分用としてはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも最適な「P-6 ラベル・トラッド・キャップ」。ぜひお試しを。

【紹介アイテム】

パタゴニア公式サイト P-6 ラベル・トラッド・キャップ

【関連記事】

パタゴニア「フィッシャーマンズ・ロールド・ビーニー」は抜群に使い勝手の良いニット帽

パタゴニア「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」は今だからこそ使いたいネックゲイター

  関連トピック

  • この記事を書いた人

モノタビ

MONOTABI(モノタビ)は、旅や日常に使えるギアのレビューを中心に、話題の情報やモノを紹介するブログです。記事はパタゴニア、カメラ、旅、音楽、アート、下町情報多めです。

-パタゴニア