パタゴニア

パタゴニア クラシック・レトロX・ベストがおすすめな理由!秋冬に大活躍するよ

2016年9月6日

パタゴニア クラシック・レトロX・ベストがおすすめな理由!秋冬に大活躍するよ

まだまだ暑い日が続いいると思っていても、そうこうしているうちにあっと言う間に秋が来てしまうのは毎年のこと。日中は暖かいのに、夜になるとやたらと寒くなる日もあれば、ジャケットを着るほどじゃないのに風だけはやたらと冷たかったりと、これからの季節は何を着れば良いか迷う気候が続いて本当に困りますよね。

そんな時期におすすめしたいウェアが、日常着としてはもちろん、秋キャンプや旅行にも大活躍するパタゴニアの『クラシック・レトロX・ベスト』です。

毎年人気色(特に定番のナチュラル)は発売開始後早々に売り切れになってしまいますので、シーズンにはまだ少し早いですがご紹介しておきますね。

\クラシック・レトロXの関連記事/

『クラシック・レトロX・ベスト』は防風性が素晴らしいので見た目以上に暖かい

『クラシック・レトロX・ベスト』は防風性が素晴らしいので見た目以上に暖かい

『クラシック・レトロX・ベスト』を着たことの無い方からよく言われるのは、

「そんなの着て寒くないの?」

「ベストって中途半端じゃない」

って事なんですが、『クラシック・レトロX・ベスト』は実はとても暖かく、ベストだからこその便利さがあるんです。

人間って不思議なことに、胴体が暖かければ腕の寒さはある程度我慢できてしまうんですよね。

『クラシック・レトロX・ベスト』はフリース素材の暖かさはもちろん、防風性が非常に高いため、風をほとんど通しません。まだ少し暑い時期は長袖Tシャツやシャツの上に、少し寒くなってきたら厚手のシャツやセーターの上に着てしまえば、少々の寒さなら全く問題無しです。

あと、ベストであることで、長袖のジャケットよりも腕がぐっと動かしやすくなるんです。腕の動かしやすさは単独で着用している時はもちろん、上からジャケットを着ているときも実感できますよ。是非一度お試しあれ。

結果、僕の場合もっと暖かいジャケットがあるにもかかわらず、屋内外で作業する時に少し暖かい格好がしたくなったら『クラシック・レトロX・ベスト』を選んでしまうことが多いです。また、歩き回る旅行でも、温度調整がしやすくて便利なんですよね。

『クラシック・レトロX・ベスト』は真冬でも大活躍

『クラシック・レトロX・ベスト』は真冬でも大活躍

『クラシック・レトロX・ベスト』が活躍するのは秋・春だけかと言うとそんな事はなく、真冬はシェルジャケットの下に着る事で体を暖かく守ってくれますよ。

寒い時期、特に気に入ってる点は、『クラシック・レトロX・ベスト』のジップをしっかり上まであげた際の首周りの暖かさ。寒さをしっかりガードしてくれますのでマフラーいらずで助かります。

DSC_1213

実際、今年の冬、吹雪の長野県「奈良井宿」を旅行した際も、シェルジャケットの中に着ていたのは『クラシック・レトロX・ベスト』。予想外の寒さをなんとか凌げたのは首元と胴体をしっかり温めてくれた『クラシック・レトロX・ベスト』のおかげでした。

『クラシック・レトロX・ベスト』のコーディネート(着こなし)

パタゴニア商品の良いところは、機能性の高いアウトドア製品を日常にも取り入れやすいところ。

『クラシック・レトロX・ベスト』はその名の通りややクラシックな見た目から、最新のアウトドアウェアに比べ日常着として非常に活用しやすい商品。少し前にご紹介したバギーズショーツ同様、アパレルショップでの取り扱いの多さがその証拠ですよね。

『クラシック・レトロX・ベスト』のコーディネート(着こなし)

コーディネートの見本は世間のお洒落さんにお任せするとして、あくまでセンスのない僕の場合としてご容赦いただきたいのですが、日常着として着る場合、ボーダー柄のTシャツや、少しきれい目なシャツの上に着る事が多いです。

『クラシック・レトロX・ベスト』のレディース(ウィメンズ)について

『クラシック・レトロX・ベスト』には、現在「メンズ」以外にも「レディース」用の「ウィメンズ・クラシック・レトロX・ベスト」が存在します。

「ウィメンズ・クラシック・レトロX・ベスト」はシルエットが女性向けになっている(腰回りが細くなっています)ので全く同じではないのですが、昔から女性でも「クラシック・レトロX・ベストメンズ方が良い」という方が多いようで、セレクトショップの中にはメンズの小さいサイズを女性用として取り扱ってるお店もあるようです。

確かに僕も「レディース」用よりもメンズカラーの方が良いと思う事が多いような・・・。

シルエットに関してはメンズだとやや野暮ったい感じになると思いますが、この点(シルエット)もレディースよりもメンズの方が好みな方もいらっしゃるみたいですね。実際に僕の奥さんもメンズのXSサイズを着用していて、特に違和感を感じる事はありません。

となると、女性の方はサイズ選びに加え、メンズにするか、はたまたレディースにするかという大変悩ましい決断を迫られますね。

『クラシック・レトロX・ベスト』の洗濯方法

『クラシック・レトロX・ベスト』の洗濯方法

『クラシック・レトロX・ベスト』の洗濯方法についても少しだけご紹介しておきますね。

『クラシック・レトロX・ベスト』の素材はポリエステル100%。パタゴニアではポリエステル素材の場合、中性洗剤を使用し温水で洗濯する事を推奨しています。

乾燥時には吊り干しし、乾燥機を使用するのであれば低温に設定するようにしましょう。(注意:僕は乾燥機を利用した事はありません。フリースに乾燥機を使うと風合いが失われる場合がありますので自己責任でお願いします)

ちなみに、僕の場合は『クラシック・レトロX・ベスト』を裏返してネットに入れ、中性洗剤&柔軟剤で洗うだけ。温水も使っていません。あまり細かい事は気にしていませんが、いまのところ問題無しです。

※注意 パタゴニアは柔軟剤の使用により生地自体の汚れが落ちにくなる事を避ける為、柔軟剤の使用を推奨していません。柔軟剤のご使用は自己責任でお願いします。

『クラシック・レトロX・ベスト』のサイズ選びは要注意

DSC_1208

『クラシック・レトロX・ベスト』を購入する際に気をつけていただきたいのはサイズ選び。

いつもはMサイズを購入しておけば間違いない僕(176cm)の場合、購入したのはメンズSサイズです。

Mサイズも着れない訳ではないのですが、ジップを上まで上げて着ると余裕がありすぎて若干背中が波打ってしまいました。これは素材の硬さが原因の一つかもしれません。

反面、Sサイズはまさにジャストサイズ。

パタゴニアスタッフさんからも「防寒を目的とするならば隙間の少ないSサイズが良いですよ」とのアドバイスを頂きました。

ただ、少し大きめなMも、見た目だけで判断するならありなんですよね。

リラックス感が出るのもMサイズ。機能を優先するか、見た目を優先するか、非常に難しい判断でした。

以下は公式サイトに掲載されている口コミからピックアップした購入サイズに対する感想です。

身長体重購入サイズサイズ感
181㎝68㎏M厚手のスウェットを着ても余裕あり
171cm70kgMちょうどよい
166cm58kgSピッタリ
174cm66kgS 
169cm58kgSシャツを着てちょうどよい
165cm62ksXS全く遊びがない

まとめ:パタゴニア レトロx ベスト人気色ナチュラルの購入はお早めに

パタゴニア レトロx ベスト人気色ナチュラルの購入はお早めに

『クラシック・レトロX・ベスト』は、想像以上に長い期間大活躍してくれますので、まだお持ちでない方には自信を持っておすすめします。

冒頭にも書きましたが、毎年人気のカラーは比較的早いタイミングでサイズ切れが発生していますので本格的なシーズン突入前に確保しておきましょう。特に人気色のナチュラルは毎年争奪戦です。

ただし、サイズ選びはくれぐれも慎重に! 

もしも通販で購入を検討されるのであれば、サイズ交換可能なパタゴニアオンラインショップの利用をお勧めします。

各カラーの在庫が揃っているにはもちろん、サイズ違いの場合も返品送料がメーカー負担となり安心です。 しかも、前シーズンのカラーがアウトレット価格で販売されている事も多いので、思いがけずお得な価格で購入できる事もありおすすめです。

【紹介アイテム】

パタゴニア公式サイト メンズ・クラシック・レトロx・ベスト

 

こちらもCHECK

パタゴニア「クラシック・レトロX・ジャケット」はどこで買える?発売日も予想してみた

続きを見る

パタゴニア「ロス・ガトス・クルー」はサイズ選びに注意が必要

続きを見る

  • この記事を書いた人

モノタビ

MONOTABI(モノタビ)は、旅や日常に使えるギアのレビューを中心に、話題の情報やモノを紹介するブログです。記事はパタゴニア、カメラ、旅、音楽、アート、下町情報多めです。

-パタゴニア