スニーカー・ブーツ

KEENジャスパーロックスSPレビュー:サイズ選びから快適さまで詳しく解説

2023年1月17日

本記事のリンクには広告が含まれています

KEEN「ジャスパー ロックス エスピー」レビュー

KEEN「JASPER ROCKS SP」のレビューです。

夏はKEENの快適すぎるサンダル「ニューポートH2」ばかり履いている僕が、

  • 冬でもニューポートH2ぐらい気楽に履けるローカット
  • 気軽さと同時に足元のコンディションを気にすることなく履ける
  • 幅広の僕でも履ける

という条件をもとに探した結果、購入したのは同じくKEENの「JASPER ROCKS SP」でした。

KEEN「JASPER ROCKS SP」を実際に履いてみて気に入ったポイントや、少し気になる点を中心にご紹介します。

関連KEENニューポートH2をレビュー。サイズ感やクリアウォーターとの違いなど。

大定番の進化形!KEENジャスパーロックスSPの特長

「ジャスパー ロックス エスピー」は、KEENを代表する大定番「JASPER」の進化系として登場したモデルです。

爪先部分は「JASPER」以上に耐水性と耐久性の高いガードが採用されていて、路面のコンディションに気を使う必要はありません。

ソールは適度に固く厚みがあり、街中はもちろん、自然の中でもお構いなしにガシガシ歩くことができます。

「ジャスパー ロックス エスピー」は、KEENのサンダルではお馴染み「バンジーレース」を採用していますので、靴紐がほどけることもありません。

「靴紐がほどけることが無い」ことに関してはスリッポンタイプのスニーカー(メレル・ジャングルモックのような)と同じですが、フィット感を調整できますので、ルーズに履きたい時としっかりフィットさせて長時間履きたい時のどちらにも対応可能です。また、さらにしっかりとフィットさせたい場合は同梱されている靴紐へ交換することもできます。

さて、公式サイトを見れば分かるような点はこのくらにしておいて、続いては「ジャスパー ロックス エスピー」を実際に履いて感じる良し悪しをご紹介します。

KEEN「ジャスパー ロックス エスピー」のここがグッド

KEENジャスパーロックスSPなら足幅広でも安心!

「ジャスパー ロックス エスピー」を一番気に入っている点は、幅広の足でも履ける点です。

そこなの?と思われるかもしれませんが、ワイズ4Eの僕でも履けるアウトドアシューズは貴重なのです。

同じKeenの「JASPER」は細めで、僕の足にはまったく合いませんが、「ジャスパー ロックス エスピー」は幅にかなり余裕のある足型を採用しているようで(2E相当?)、サイズを調整すれば4Eの僕でも履くことができます。

ただし、「ジャスパー ロックス エスピー」はサイズ選びがかなり難しい1足(後述します)でもありますので注意が必要です。

「ジャスパー ロックス エスピー」ならどこでも気にせず履いていける

「ジャスパー ロックス エスピー」は、KEEN公式オンラインショップで「メンズ カジュアル」にカテゴリーされていることからも明らかなように、タウンユースを中心としたカジュアルな使い方を想定した1足です。

しかし、「きっとアウトドアで履いても問題ないよね」と思わせるぐらいにタフさを感じるスニーカーでもあるのです。

実際、街中はもちろん、ちょっとした自然の中を歩き回るぐらいなら「ジャスパー ロックス エスピー」で十分です。

さっと履いて外出できる気軽さが素晴らしい

冒頭に書きましたが、狙い通り「ニューポートH2」同様に気軽な1足として大活躍しています。

さっと履いて外出(履く際にタン部分が入り込みやすい点だけは不満)し、外出中は靴紐がほどける心配はなく、帰宅時もあっという間に脱いで入室できます。

定番なので履きつぶしても買い替え可能

「ジャスパー ロックス エスピー」は毎シーズン継続して販売されているモデルです。

まだ「JASPER」のように10年以上続く大定番ではありませんので、今後廃番の可能性が無い訳ではありませんが、頻繁にモデルチェンジしてしまうような可能性のあるシューズでもありません。そのため、仮に履きつぶしたとしても同じモデルを再度購入することができます。

アウトドア系のシューズはモデルチェンジが早く、履き潰したらもう同じモデルは手に入らないことも多いんですよね。

「気に入ったらまた買うことができる」という点は、「ジャスパー ロックス エスピー」のメリットと言えるのではないでしょうか。

ただし、カラーの廃番は多く、気に入ったカラーが手に入らなくなる点は要注意点です。

KEEN「ジャスパー ロックス エスピー」の気になるポイント

大変気に入っている「ジャスパー ロックス エスピー」ですが、いくつか気になる点もあるのでそちらもご紹介しておきます。

表記サイズはかなり小さめなのでサイズ選びが難しすぎる

幅広でも履くことのできる「ジャスパー ロックス エスピー」ですが、サイズ選びはかなり難しい1足と言えそうです。どうも、表記サイズが、他のスニーカーよりも小さく感じることが多いようなのです。

「ジャスパー ロックス エスピー」のサイズ選びについて、多くのレビューでは「0.5cmからワンサイズアップして購入するように」とアドバイスされていることが多いのですが、僕の場合は1.5センチ大きいサイズを選びジャストでした。

もう少し具体的にご紹介すると、ワイズ4Eで26.5cmが基本となる僕の場合、「ジャスパー ロックス エスピー」では28cmを選びジャストサイズです。しかし厚手のソックスを履く際にはもう0.5cm大きくても良かった気もします。ソックスが厚手だと余裕が全然なくなってしまうのです。

そんな訳で、「ジャスパー ロックス エスピー」を購入する際は、可能な限りためし履きを、無理ならば返品交換が可能な通販で購入すべきです。口コミだけを参考にしてしまうと、全然サイズが合わない、なんてことになる可能性があります。

雨の日でも滑らないが防水仕様じゃない

「ジャスパー ロックス エスピー」は濡れた路面でも滑りにくく、雨の日でも安定した歩行が可能です。

しかし、「ジャスパー ロックス エスピー」は防水仕様ではありません。多少濡れてもすぐに染み込むことはありませんが、大雨の中履くような用途では使いにくいです。

防水仕様になると通気性や速乾性が低下してしまうことが多いので「良し悪し」ありますが、「JASPER」のように防水モデルも用意して欲しいものです。

柔らかい履き心地は好みが分かれそう

「ジャスパー ロックス エスピー」のインソールはかなり厚みのあるクッション性能の高いものが使われています。そのおかげもあるのか、「ジャスパー ロックス エスピー」の履き心地は「ふわっ」とした柔らかさを感じます。

僕の場合、いつもは比較的「カチッ」とした硬めの履き心地を好んで履いているので、当初「ジャスパー ロックス エスピー」の履き心地は慣れませんでした。

不思議と今は気になりませんが、「ジャスパー ロックス エスピー」の履き心地は好みが分かれそうだな、という気がします。

まとめ

以上、KEEN「ジャスパー ロックス エスピー」のご紹介でした。

KEEN「ジャスパー ロックス エスピー」は多くのKEEN製品と同様に街中でもアウトドアでも気にせず履ける柔軟性のあるスニーカーです。普段使いはもちろんキャンプや旅行用なんかには最適な1足と言えるのではないでしょうか。

価格は15,180円とそれなりの値段ですが、アマゾンをはじめとするオンラインショップではセール価格になっていることも多いです。特に前シーズンのカラーは格安で手に入ることも多いので、ぜひ確認してみてください。

ただし、ご紹介した通り適切なサイズ選びは結構難しいので、その点だけはご注意を。

【公式サイト】

KEEN(キーン)

【紹介アイテム】

お薦め度

こちらもCHECK

KEENニューポートH2をレビュー。サイズ感やクリアウォーターとの違いなど。

続きを見る

  • この記事を書いた人

モノタビ

MONOTABI(モノタビ)は、旅や日常に使えるギアの紹介を中心に、話題の情報やモノを紹介するブログです。記事はパタゴニア、カメラ、旅、音楽、アート、下町情報多めです。

-スニーカー・ブーツ