パタゴニア

パタゴニア「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」は真夏に使いたいネックゲイター

パタゴニアの新商品「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」を購入してみました。

こちらのアイテム、「サン・マスク」なんて名前が付いていますが、いわゆるネックゲイターです。

最近ネックゲイターの利用者が急激に増えていますよね。

僕自身もコロナ禍(まだ真っ只中ですが)、特に緊急事態宣言の最中に活躍したアイテムの一つがネックゲイターでした。マスクが全然売っていない時期はネックゲイターで口元を覆い買い物へ出ていましたし、気分転換のランニングや散歩でもネックゲイターが必需品でした。

パタゴニアにもネックゲイター(サン・マスク)は存在していたのですが、今季は早々に売り切れとなっていて、当分の間パタゴニアの「サン・マスク」は買えそうにないなぁと思っていたところ、最近になって突然登場したのが今回ご紹介する「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」でした。

人気Tシャツ「キャプリーン・クール・デイリー」と同素材を使ったネックゲイター

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」の素材は、パタゴニアの人気Tシャツシリーズ「キャプリーン・クール・デイリー」と同じ素材を使っていることが最大の特徴です。

「キャプリーン・クール・デイリー」の各アイテムは激しい運動時に快適な着心地を実現する素材が使われていていますが、「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」も同様です。

ひんやりサラッとした肌触り

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」は「キャプリーン・クール・デイリー」シリーズのTシャツをお持ちの方ならばお馴染み、あのサラッとした素材です。(お持ちで無い方はユニクロのエアリズムをイメージしていただければ近い気がします)

「キャプリーン・クール・デイリー」シリーズの商品は、汗をかいてもベタつかず、ひんやりした質感が特徴ですが、「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」も同様です。

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」の利用時は首や顔を覆ってしまいますのでお世辞にも「涼しい」訳ではありませんが、僕の持っているBuffやマムートのネックゲイターに比べると熱がこもりにくい気がします。

Buffやマムートのネックゲイターがけして悪い訳ではありませんが、暑い時期は「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」一択になってしまいそうな予感です。(逆に、これから寒い時期になってくると「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」の質感はやや冷たさを感じやすいかもしれませんね)

速乾性と吸湿発散性

速乾性と吸湿発散性も「キャプリーン・クール・デイリー」シリーズと同様に優秀です。

試しにガッツリ水で濡らした状態で外干ししてみましたが、30分もすれば不快ではないぐらいまで乾いてきました。いくら汗っかきの僕でもこの状態ほど汗をかくことは有りえませんので、相当な炎天下でも快適さをキープできることは間違いないでしょう。

あと、毎日ランニングや散歩で使うような方でも、「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」は洗濯後すぐに乾くので便利そうです。

UPF(紫外線防止指数)50+

「サン・マスク」の名の通り、「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」はUVプロテクション性能を備えています。

その性能はUPF(紫外線防止指数)50+です。

UPF(紫外線防止指数)50+と聞いても全くピンとこない方が多いと思いますが、UPFは衣類の紫外線防止指数で、20分で肌の赤くなる素肌の時よりも50倍以上防止効果があることを表しています。

ちなみに、50+はUPFの最高値です。「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」は約16時間半以上のUVプロテクション性能があるということになります。

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」は一般的なネックゲイターと同サイズ

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」はワンサイズ(47 cm x 23 cm)のみの展開ですが、ネックゲイターとしては一般的なサイズです。

手持ちのネックゲイターと比較的してもほぼ同じです。

素材は伸縮性がありますが、めちゃくちゃ伸びる訳ではないので、頭の大きい僕は着用時結構力を入れて伸ばす必要があります。まぁこれ(力をいれて伸ばすこと)は「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」に限った話ではないのですが…。

縫い目は目立つけれど気にはならない

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」の縫い目はかなりしっかり目立つものとなっています。縫い目が首にあたって不快かなぁと心配していたのですが、僕は全く問題ありませんでした。

それよりも、内側に付いているタグの方が気になります。(タグの付いていないネックゲイターは多いのですが)もちろん取り外してしまえば良いだけですので早々に切り取ってしまいました。

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」のカラー選択は結構悩ましい

写真の通り、僕の購入した「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」はカモフラ柄です。

きっと一番人気無さそうだなぁと自覚しながらもこの柄にしたのには理由がありまして、首元のワンポイントだけ少し柄が付いていた方がバランスが良い気がしたのです。

なんて事をいいながら、他のカラーはシンプルで大人っぽく、やはりグリーンやブルーあたりの方が良かったかしら?なんて今更後悔し始めています。

シンプルな色のネックゲイターって、実は意外と少ないんですよね。

値段はちょっとだけ高めかも

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」は3,960円です。

至ってシンプルなネックゲイターだけに、「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」の価格設定はやや高めかもしれませんね。

だって同じ素材を使った「キャプリーン・クール・デイリー・シャツ」と数百円しか変わらないんですもの。本国の価格は29ドル。日本円で3000円程度ですが、正直そのくらいが妥当な価格に感じてしまいます。

あれ?もしかしてキャプリーン・クール・デイリー・シャツの国内価格が凄くお買い得なのかもしれませんね。

ランニングや散歩時にも口元を覆えるものを

「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」はネックゲイターとしてだけでなく、ヘッドバンド、帽子、スカーフとしても使用可能です。

使い方は人それぞれ、と言いたいところですが、きっと当分はランニング時に口元を覆う為に使う方が多いのではないでしょうか。

ウイルスの拡散防止策としてネックゲイターをする意味があるのかは不明ですが、マスクをしていないランナーとすれ違うだけで内心ドキッとしてしまう人間も少なからずいらっしゃるはずです。コロナ禍ではマナーの一環としてランニングや散歩の際も「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」のような口元を覆えるものを用意しておきましょう。

まとめとしては、暑い時期に使えるネックゲイターをお探しならば「キャプリーン・クール・デイリー・サン・マスク」はおすすめの逸品です。(ちょっとだけ高めだけどね)

きっと早々に売り切れてしまうと思いますので気になる方は早めの確保がベストです。

【関連サイト】パタゴニアオンラインショップ

  おすすめトピック

おすすめ記事

1

アウトドアやスポーツをする人にはすっかりおなじみとなった「スポーツタイツ」。 アウトドアやスポーツをしなくても、フェスや ...

2

今回は一足持っていると非常に重宝する「防水機能を持ったスニーカー」のお話です。 外出先で履物が濡れてしまった時の不快さは ...

3

この3〜4年ですっかり風物詩となってしまったパタゴニア「クラシック・レトロX・ジャケット」争奪戦のお話です。 「クラシッ ...

-パタゴニア

Copyright© MONOTABI , 2020 All Rights Reserved.