MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

浅草観光するなら「夜」がおすすめな3つの理由

      2017/09/19

Pocket
LINEで送る

c0036_1024x768

いよいよGW突入。日本中の観光地が大混雑する季節の到来です。

筆者の住む東京も例外ではなく、特に「ザ・東京の観光地」と言っても過言ではない浅草寺(せんそうじ)周辺は、国内外の観光客でごった返しています。その浅草、実は観光するなら夜がオススメなのです。浅草寺の本堂は17時に閉まってしまいますし、賑やかな仲見世も19時には閉店してしまいます。それでも夜の浅草観光をおすすめしたい理由を説明しますね。

スポンサーリンク

夜の浅草観光をオススメする理由。

浅草寺のライトアップが美しいから

P2010643

浅草寺が、毎日ライトアップされているのをご存知でしょうか? 東京タワーやレインボーブリッジ、六本木ヒルズ森タワーなどのライトアップも手がけた、日本を代表する照明デザイナー石井幹子さんによる浅草寺のライトアップは本当に美しく、一見の価値ありです。

浅草寺 ライトアップ開催時間
毎日日没後〜23時まで
http://www.senso-ji.jp/info/lightup/index.html

ゆっくり観光できるから

38d8e334aa8a8acb3e2d00fc0fee3bcf_s

大混雑の浅草寺、夜になると日中の喧騒が嘘のように静かな姿を取り戻します。さすがに人っ子ひとりいないなんて事にはなりませんが、「浅草寺には行きたいけれど、人混みが苦手」という方には夜の浅草寺観光はぴったりです。

美しい写真が撮りたくなるから

P3280745

浅草寺のライトアップや、周辺の飲食店、寂しげな裏路地など、夕暮れ時から夜にかけての浅草はフォトジェニック。とにかく次々に写真を撮りたくなる事でしょう。注意点としては、綺麗な夜の写真を撮ろうと思うとスマホでは難しく、手ぶれ補正の効いた機種や、明るいレンズ、あと三脚などが欲しくなってしまいます。それでも、その価値のある風景が夜の浅草にはありますよ。

浅草寺(せんそうじ)の開堂時間

ただ、せっかく浅草寺を訪れるならば、本堂にお参りしたくなるもの。浅草寺の本堂は午前6時開堂〜17時閉堂(10月〜3月迄は午前6時半開堂)となっています。日中の大混雑を避け、お参りするには、夕方閉堂前か、早朝に訪問する方が良いでしょう。浅草周辺に宿をとり、朝夕の浅草寺を楽しむのも良いかもしれませんね。

その他のおすすめスポット

木馬館

夜の浅草寺を堪能したら、その周辺を歩いてみてください。閉園前の「花やしき」から聞こえる絶叫や、ど派手な「ドンキホーテのネオン」、提灯に明かりのついた「浅草演芸ホール」など、直接中に入らなくても、夜の浅草には、日中には感じることのない、なんとも不思議な感覚を覚える風景がまっていますよ。

まとめ

今回ご紹介した夜の浅草観光は、少し捻くれ者向けのの観光方法かもしれません。賑やさも観光地の醍醐味だと言われてしまうと反論の余地なしです。ただし、人混みが苦手な方が少なからずいらっしゃるのも事実。混雑が嫌だからといって浅草を訪れるのを断念するなんてもったいない。ノスタルジックな雰囲気漂う夜の浅草観光を検討してみてはいかがでしょう?

 

Pocket
LINEで送る

  おすすめトピック

 - ニュース・情報