パタゴニア

パタゴニアのリュックTransport Pack 30Lが便利すぎ!

2016年2月29日

dsc_1243

パタゴニアの冬期セールにてPatagonia Transport Pack 30Lを購入しました。

用途は普段使いや1泊2日の旅行用です。

早速週末の1泊旅行に使用してきましたのでその感想も含め簡単にレビューいたします。

\パタゴニアの便利バッグ/

 

メインコンパートメントはやや小さめ

dsc_1256

まずはメインコンパートメント。

容量は30Lですが、そんなに大きくはありません。荷物を厳正すれば2泊ぐらいまではギリでいけるかなぁぐらいの大きさです。

今回の旅行では、

  • 下着&ヒートテック上下
  • 部屋着代わりのパタゴニアキャプリーン4
  • ニコンD7000入りのカメラバッグ

などを入れて出発しました。

帰りにはワインを1本購入して帰りましたが、なんとかギリギリ入るぐらいでした。

オーガナイザーは大活躍

dsc_1245

多機能なオーガナイザーは活躍しました。

スマホのケーブルやカメラ用の小物、薬類など用途に分けて収納可能です。

手帳や筆記用具を収納しておくのに便利そうなポケットがありますので、黒やグレーだったらビジネス用途にも使えそうですね。 

コンピューター用の収納スペースもあり

dsc_1262

背面には独立したコンピューター用コンパートメントもあります。

dsc_1261

11インチのmacbookを入れるとこんな感じ、15インチまで対応しているようです。結構しっかりしているので安心感あり。空港で取り出すのも楽そうです。

ストラップ、ポケットも便利

dsc_1252-1

2日間持ち歩いてもそんなに疲れを感じる事なかったストラップ達も結構好印象。

dsc_1247

サイドから入れられるやや大きめのポケットはガイドブックや地図を入れるのに活躍しました。

上部ポケットが一番便利

dsc_1259

そして、今回使ってみて一番便利だったのはこのポケット。傷つきやすいアイテム(店員さん曰くサングラス)を入れる事を想定し、裏地の付いたポケットですが、今回は財布を入れて移動しました。サッと取り出しやすい場所にあるこのポケットはこれからも活躍しそうです。 

ポケットの位置は改善の余地あり

やや微妙なのが本体右側に付いているポケット達の位置です。

dsc_1249

本体を横に持ち運ぶとこのポケット達は下向きになってしまいます。閉め忘れると中身を落としてしまう可能性があり、気を使います。

あと、右サイドのポケットはペットボトル280mlがギリギリ入る大きさしかありません。500mlのペットボトルが入らないと夏場のドリンク持ち運びに苦労しそうです。

まとめ 

Transport Packを本格的に使ったのはまだ数日ですが、それぞれの機能が非常によく考えられていて大活躍しそうな予感です。

ただし、Transport Packはセール品でしたので既に廃番の可能性あります。

もし現在お探しでしたら早めに購入された方が良いかもしれません。

追記

パタゴニア店員さん確認したところ、やはりTransport Pack 30Lは廃番になったようです。

同じような後継品は見当たりませんが、旅行や仕事で活躍しそうな鞄は「トレス・パック 25L」あたりになるのではないでしょうか。

詳細パタゴニア公式サイト トレス・パック 25L

こちらもCHECK

パタゴニア「ウルトラライト・ブラックホール・スリング 8L」は「持ち歩きたい」がすべて入る便利なバッグ

続きを見る

パタゴニア「ヘッドウェイ・MLC 45L」|最強の旅バッグをレビュー

続きを見る

グレゴリー「デイアンドハーフパック」をレビュー。大定番リュックは旅にも使える?

続きを見る

  • この記事を書いた人

モノタビ

MONOTABI(モノタビ)は、旅や日常に使えるギアの紹介を中心に、話題の情報やモノを紹介するブログです。記事はパタゴニア、カメラ、旅、音楽、アート、下町情報多めです。

-パタゴニア