スニーカー・ブーツ

ニューバランスM1400生産終了の理由

2018年1月26日

2017年のこと。馴染みのアパレルショップの店長さんからびっくりする話を聞きました。

それは、「ニューバランスのM1400が2018年に生産終了するよ」という話です。

え!?

M1400と言えば主要なセレクトショップでは間違いなく置いてある、日本ではニューバランスを代表するような商品の一つですよね。

数年前までは「流行り過ぎ」と感じるぐらい多くの方が履いていて、僕も漏れなく1足持っていたりするのですが、そんなM1400が生産終了してしまうなんてちょっと信じられませんでした。

いったいどんな理由があってM1400の生産が終了してしまうのでしょうか?

\M1400関連記事/

M1400が生産終了してしまう理由はなんだろう

M1400が生産終了してしまう理由として、店長さんが「想像だけど」として教えてくれたのは、「ニューバランスがグローバル化を進める中で、日本だけのモデルを生産する余裕が無くなったんじゃない?」という事でした。

M1400がニューバランスを代表するモデルと紹介しておきながら、「日本だけ」なんて話をすると混乱してしまうのではないでしょうか。

そんな方はM1400のルーツを少し知っておいた方が良いかもしれません。

ニューバランスの公式HPではM1400を、このように紹介しています。

1000番台としての品番は2番目で、本来であれば「M1300」に続くはずが、当時の技術では量産できずに断念され、再開発後の1994年にリリースとなった歴史を持つ1足

そんな不遇のルーツを持つM1400は、日本支店の要望により生産が再開されるようになり、日本を中心に販売しているというかなり特殊な商品なのです。

海外では近年大復活したアパレルブランドJ.CREWが別注でM1400を作った事により人気を集め、日本でもその人気に更に火が付いていました。一時期のニューバランス人気は凄かったですよね。M1400なんてまったく在庫の無い時期があったように記憶しています。

それならば世界中でM1400が販売されるようになったかと言えばそんな事はなく、実はニューバランスの本国サイトではM1400は販売していません。

そんな事もあり、いくら人気があるとはいえ日本のマーケットだけにM1400を生産するのはグローバル企業としては割に合わないという判断なのでしょうか。

なんて事を書いておきながら、今のところニューバランスのHPでは「M1400の生産終了」に関する公式な発表はされていませんので、あくまでまことしやかに囁かれいる「噂」として頭の中に入れておくぐらいで良いのかもしれません。

M1400をもう1足確保すべきなんだろうか

ここからはかなり私的な内容になりますがお許しを。

僕の現在履いているM1400はド定番のグレーカラー&メッシュのタイプです。

M1400の履き心地はM1700を初めて履いた時に感じたような感動こそないものの、安定感があり安心して履ける快適なスニーカーです。なによりもデザインの「普通さ」が素晴らしく、変にスニーカーだけ目立つことがありませんのでどんな格好にもマッチします。

僕の場合、夏場を中心に活躍する場面の大変多いM1400なのですが、最近少しヘタリが見受けられるようになってきてしまいました。

一番気になっているのはメッシュ部分。左足の親指部分が僅かですか破れてきてしまっているのです。

これまでであれば、ボロボロになるまで履いて、駄目になった時に次の1足を購入すれば良かったのですが、「生産終了」となると話が違いますよね。

先述のようにその真偽は今のところはっきりしないものの、もしも公式に「生産終了」がアナウンスされたならば一気に在庫が無くなってしまう気がするのです。

いつでもあると思っていたものが突然手に入らなくなる事って結構ありますよね。

アパレルに限っても、「MADE IN USA」のリーバイスやコンバースのオールスター、少し昔だとパタゴニアなんかも消滅してしまいました。(一部高価な限定商品は発売されていますが)

そんな前例を何度か経験すると、「M1400も今のうちに確保しておきたいなぁ」なんて思っているのです、高いけどね。

M1400購入の判断を迷わすオニツカタイガー ALLYの存在

話は更に脱線します。

僕が昨年「M1400生産終了」の噂を知りながらまだ購入に至っていないのには「M1400の高さ」以外にも理由があるのです。

それは、『オニツカタイガー ALLY』の存在です。

アシックスのルーツである「オニツカタイガー」ブランドで発売されているスニーカー「ALLY」ですが、どうです?このM1400ライクなルックス。

履き心地についてもかなり評判良いんですよね。僕自身はまだお店での試履しかした事がないのですが、なかなかのクッション性で、けしてM1400に劣るようなものではないと感じました。

そしてなによりも素敵なのはその価格。

定価は約14,000円とニューバランスM14000のほぼ半額。そしてアマゾンなどの通販サイトではさらにお安く販売されているのです。

正直な好みで言うと断然M1400の方が好きですが、半額以下ならば、履き心地の良い「ALLY」でも良くないか?と思ってしまう僕もいます。

「結局価格か」と笑われてしまいそうですが、ランニングシューズではアシックス製品の履き心地の良さを実感しているだけに、個人的にはかなり悩ましい選択となっているのです。

created by Rinker
Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)
¥14,300 (2022/09/11 02:40:12時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

昨年記事にしたM1700同様、ニューバランスの一部スニーカーは最高の履き心地は得られるものの、価格の高さがネックとなってそんなに気軽に買い替えできないない点は悩ましいですね。

M1400が生産終了すると噂されている6月までまだ時間は少しありますので、世間の在庫状況を気にしまくりながらもう少し悩んでみたいと思います。

なんて書きながら、やっぱりM1400買っておくかなぁ。

追記:M1400、本当に廃番のようです

まことしやかに囁かれていた「M1400生産終了」の噂ですが、やはり生産終了してしまったようです。

市場からどんどんM1400の定番カラーが無くなってきましたね。公式サイトには既に姿はなく、直営店にも置いていません。別記事にも書きましたが、慌てて僕はネイビーを確保しました。

もちろんM1700のように再生産される可能性はゼロではないと思うのですが、いつでも購入できる存在だったM1400の定番カラーは、残念ながら一度市場から姿を消すことになりそうです。

さらに追記:M1400が久しぶりに復活!(2020年1月)

廃番となっていたM1400がオンラインショップ限定で復活しています。

すでに全サイズ完売していますがこれから徐々にラインナップが増えてくるかもしれませんね。期待しましょう!

<詳細>ニューバランス公式オンラインストア

【M1400の関連記事】

復活したM1400にブラックが追加されました。

こちらもCHECK

復活したニューバランス「M1400」にブラックが登場するよ!

続きを見る

復活したM1400はどこで買えるのでしょうか?

売っていないニューバランス「M1400」はどこで買える?

続きを見る

  • この記事を書いた人

モノタビ

MONOTABI(モノタビ)は、旅や日常に使えるギアの紹介を中心に、話題の情報やモノを紹介するブログです。記事はパタゴニア、カメラ、旅、音楽、アート、下町情報多めです。

-スニーカー・ブーツ
-,