アウトドアギア

バブアー激安セール!BEAUFORT SLがあまりに安すぎて購入してしまったよ

2018年2月26日

Barbour(バブアー) が安すぎる…。

BEAUFORT SLがセール価格で破格になっていました。

今更Barbour(バブアー) とは?なんてお話は必要は無いですよね。古くはスティーブ・マックイーンが愛用していたり、イギリス王室からも品質が認められロイヤル・ワラントを保持している、イギリスのアウトドアブランドです。

そのBarbour(バブアー) を代表する人気ジャケットの一つであるBEAUFORT(ビューフォート)が、今回びっくりセール価格で販売されていたのです。

\バブアー関連記事/

アウトレットよりも安いかも。アマゾンでBarbour(バブアー)のジャケットが大セール。

今回Barbour(バブアー) のBEAUFORT SLを購入したのはアマゾンです。

アマゾンではサイバーマンデーセールなどでもちょくちょくBarbour(バブアー) がセールとなっていたりしているのは知っていましたが、先日ふと見たBarbour(バブアー) の販売ページを見て驚愕しました。

「Barbour  Bedale SLが26,400円?」

実は、僕が最初に目についたのは今回購入したBEAUFORT SLではなく、今Barbour(バブアー) で一番人気があるであろうビデイルの方でした。 バブアーのビデイルは定価52,920円。多くのセレクトショップは定価販売が基本で、なかなかセールにはなりません。それがほぼ半額の26,400円ってめちゃくちゃくちゃ安いじゃないですか?

この価格を見て僕は猛烈に悩み出しました。なぜなら、ビデイルのSLは既に持っているのです。5年ほど前に購入し、秋から冬(東京だと真冬でもOKです)までかなりヘビーに着倒しています。

「同じモデルを2着もいらなくないか?」という自制心と、「もう破れがでるほど着ているし、もう1着あっても良くないか?」という悪魔の囁きが交互に聞こえてきてきました。あーどうしよう。

そうしているうちにアマゾンから奥の手が。「この商品をチェックした人はこんな商品を買っています」ってやつです。

既に持っているビデイルではなく、ビデイルよりも少し丈が長くよりコートっぽく着ることのできるビューフォートを勧めてきたのです。

  • 金額 ⇒ 定価の半額
  • 欲しいカラー ⇒ アリ
  • 欲しいサイズ ⇒ アリ

完全にクロージングにかかってきています。

しかも、クーポン利用で10%OFFと、ただでさえびっくりの割引価格を更に安くで購入できてしまうじゃないですか。

という訳で、奥様が先に寝た後にポチッとしてしてしまいました。金額はなんと26,730円。

これってアウトレットどころでは無く、ユーズド美品と同じぐらいの価格ですよね。

セールで買ったBarbour(バブアー) BEAUFORT SLが到着

注文した翌日には早くもBEAUFORT SLが到着しました。

もちろん国内正規品です。しかし、どうしたら正規品をここまで安くできるのでしょう?

今回注文したカラーはセージ。僕が既に持っていたビデイルはブラックで、セージにしなかったことを少し後悔していたのですが、この度ようやくBarbour(バブアー) と言えばの「セージ」を手に入れることができました。

もうバブアーで後悔しないはず。オイルの臭いは更に減少しています。

ここからはビューフォートの感想を少しだけ。

昔からバブアーのオイルドジャケットを知っている方は、独特の臭いが気になって購入を断念した方や、臭いが強すぎて購入を後悔した方も多いのではないでしょうか。

実は、最近のバブアーのオイルドジャケットは昔のような臭いはほとんど無くなっているんですよね。しかも、今回到着したビューフォートは、僕も持っている5年前のビデイルよりも更に臭いが押されられているような気がします。

もちろんオイルは付いていますので電車に乗る時なんかはそれなりに注意する必要がありますが、臭いで回りにいる人へ迷惑をかける心配なんて今のバブアーには必要無さそうです。

これなら今まで以上に気軽に着こなすことができますね。

SLタイプはやっぱり着やすい

先述の通り今回購入したビューフォートはSLタイプです。

何が違うかというと、オリジナルのビューフォートとくらべると全体的にシルエットがシャープになっています。あと、袖部分の裏地の有無にも違いがありSLには裏地が付いていません。

SLタイプは日本向けといわれていて、オリジナルの無骨さが好きな方からするとこのSLはいまいち支持されていないようですが、あまり体格の良くない僕はSLの方が断然着やすいです。昔オリジナルを試着した時に感じた、「本当に着こなせるかしら?」という不安が全くありません。

このSLタイプが発売になってからバブアー人気が再熱しましたので、なんだかんだで日本人はSLの方が着やすいシルエットなんだと思います。

着心地はビデイルの方が良いかも

リブの付いているビデイルと違いビューフォートはこのような袖口。袖口だけの話になると、着心地としてはビデイルの方が良い気がしますね。

着丈が長い分、寒さに対してはビューフォートの方が温かい可能性もありそうですが、この袖口寒くないかなぁ。少々不安です。

Barbour(バブアー)を買うならアマゾンのセールは要チェック!

以上、思いの外安くで購入できたBarbour(バブアー) のBEAUFORT SLのお話でした。

バブアーのセールといえば、アウトレット店舗だったり公式のセールを思い浮かべることが多いですが、これからもアマゾンは要チェックですね。ビデイルやビューフォートといった定番ジャケットが普通に安くで買える訳ですから見逃す手はありません。

僕も引き続きアマゾンのセール開催中はBarbour(バブアー)の各ジャケットをチェックすることに致します。

created by Rinker
Barbour(バブアー)
¥60,500 (2022/05/18 04:05:45時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもCHECK

バブアー直営店が続々と閉店している理由

続きを見る

バブアー「ビデイル SL」と「ビューフォートSL」おすすめはどちら?違いや注意点を解説します

続きを見る

  • この記事を書いた人

モノタビ

MONOTABI(モノタビ)は、旅や日常に使えるギアのレビューを中心に、話題の情報やモノを紹介するブログです。記事はパタゴニア、カメラ、旅、音楽、アート、下町情報多めです。

-アウトドアギア