MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

旅の道具

オールドコーチのバッグを旅におすすめしたい4つの理由

投稿日:2016年6月4日 更新日:

先日高円寺をぶらぶらしていた時にのこと。ふと入った古着屋で発見したレザーのバッグにビビッときて購入してしまいましたよ。

DSC_0962

それはアメリカの高級皮製品メーカー、コーチのバケツ型バッグ「ダッフル」です。このカバン、ひと昔前かなり流行りましたので、昔を知る方からするとかなり懐かしいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

オールドコーチとは

DSC_0969

最近でこそ総合ファツションブランドとしてイメージが強くなってきているコーチですが、以前は硬派な皮製品専門メーカー。製品はMADE IN USAにこだわり、良質な皮のみを使い作られていました。(残念ながら最近では中国や中南米製がほとんどなようです。)

このアメリカ製だった古き良き時代の製品が「オールドコーチ」として販売されているのです。

僕も「昔のコーチは良かった」と聞いた事はありましたが、今回それを実感した次第。

そして、実際に使用してみると、このオールドコーチの「ダッフル」は、「旅」に使用するのにも最適な商品だと分かってきました。

続いてはオールドコーチの「ダッフル」が旅におすすめな理由を紹介します。

1.皮製のカバンなのに軽い

非常に肉厚な皮を使っていますので、「重そう」と思って手にとってみるとびっくり。かなり軽いのです。

旅には軽いカバンが良いけれど、見た目にも少しこだわりたい(ナイロン製の軽さ重視のカバンは嫌)って方には最適なのではないでしょうか。

もちろん、そんなに大型ではないこのカバン一つで長旅するのは無理ですが、一泊二日の旅や、機内持ち込み用、現地の街歩き用として大活躍しそうですよ。

2.気軽に購入できる価格

中古でしょ?と言われるとそれまでなのですが、オールドコーチはブランドカバンからイメージする価格からすると非常にリーズナブル。商品にもよりますが、5,000円〜15,000円ぐらいで購入できてしまいます。

購入した「ダッフル」は少し高め(約1万3千円)でしたが、リサイクルショップやオークションなどでは破格で購入できることもあるようです。

そして、価格が安いことで、旅に持ち歩く際も、必要以上にカバンに気を使う必要がなくなり、実用品として遠慮することなくどんどん使用できますよ。

また、あまり想像したくもありませんが、海外旅先でカバンを盗られた!なんて時にも、最小限のダメージで済みそうです。

3.頑丈な作り

DSC_0970

オールドコーチのカバンは、触っただけで上質感を実感できるなめらかな皮が使用されていますが、もともとは野球グローブからインスピレーションを得てレザー商品を作り始めただけあってその丈夫さは折り紙付き。付属の金具も骨太でかなり「がっしり」してますので、多少の重い荷物を入れてしまっても全く問題ありません。旅の最中に「金具が壊れた」なんてことにはまずならないでしょう。

4.カバン自体が目立たない

DSC_0971 (1)

今回一番おすすめなのはこの点。

このオールドコーチの「ダッフル」には「ブランドのカバンです」って雰囲気が皆無。よく海外旅行をする日本人が高級ブランドのカバンを持ち歩く危険性を指摘されますが、その心配は無さそうです。

また、すでに皮のエージングが進んでいますので、「新しくて高そうなカバン」という主張が薄いのも好印象。

旅用として、目立たず、実用的で、そして見た目も満足できるカバンって探すと意外に無いものです。

最後に

男女関係なく使えるこの「ダッフル」は、夫婦やカップルで共用なんてこともできてしまいます。また、旅だけでなく、日常でも無理なく使える大きさですので大活躍間違いなしです。状態の良い商品を見かけた時にはぜひ手にとってみてください。きっと欲しくなってしまいますよ。

もちろん、オールドコーチにはこの「ダッフル」以外にもいろんな種類があり、それぞれ魅力的な商品ばかりですので、週末には状態の良いオールドコーチを求めて古着屋巡りをしてみてはいかがでしょう?

オールドコーチ(アマゾン)の一覧

おすすめ記事

  おすすめトピック

-旅の道具

Copyright© MONOTABI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.