旅の道具

goodr(グダー)のサングラスはコストパフォーマンス抜群で何個も欲しくなる

2020年8月7日

何度かサングラスの話を書いている気がしますが、またサングラスのお話です。

今回紹介するのは2016年にロサンゼルスで創業したgoodrのサングラスです。

goodrのサングラスは安さと機能性の高さからここ数年話題となっていましたので既にお持ちだったりご存知の方も多そうです。僕も昨年の夏前に購入し、他のサングラスと併用しながら使っています。

実際に使ってみてもgoodrのサングラスはユニークで噂通りコストパフォーマンス抜群のサングラスでした。

細かいことに拘らずランニングを楽しむ人のために

goodrコンセプトは明快です。

goodr Running Sunglasses for people who think running is fun

ずばり、ランニングを楽しむ人に向けたサングラスなのです。

全てのサングラスは手頃な価格でスタイリッシュ、それでいてランニングに必要な機能は併せ持つ、というコンセプトで作られています。

 

「ランニングを楽しむのに高価でオーバースペックなサングラスなんていらないでしょう?」という思想は徹底していて、この紹介動画はもちろん、商品ケースにもこれでもかとばかりに書かれています。

なにかとスペックを気にしてしまう僕のような人間にとっては耳の痛い謳い文句ばかりです。この記事を書いている時でさえ、「細かい話はどうでも良いから外で走ってくれば?」と諭されているような気がしてきます。

全モデルUV400偏光レンズを使用

安い、安いと書いているのに価格を紹介するのを忘れていました。goodrのサングラスはいくつか種類はありますが、いずれも4千円〜5千円程度です。

本国だとスタンダードなモデルが25ドル(今だと2600円前後)からなので、日本の販売価格では少し「安さ」の訴求力が弱くなってきますが、それでもすばらしいコストパフォーマンスだと思います。

なにせ、この価格でgoodrのサングラスは全モデルUV400(紫外線の99%をカット)の偏光レンズを使用しているのです。

「スペックばかり気にしないで走りに行きなよ!」と煽りつつ、必要な機能はしっかりと搭載している訳ですから心憎いですよね。

軽量で滑りにくく、フィット感も抜群

怒られそうだけれどスペックのお話をもう少し続けます。

機能的なのはレンズだけではありません。

「ランナー用」として発売されているだけあって、goodrのサングラスはとても軽く(22g程度)、滑りにくい素材で作られたフレームは簡単に滑り落ちないフィット感を実現しています。

あまりにもフィット感が強すぎるとこめかみや耳のあたる部分が痛くなったりするものですが、僕が利用するかぎりそういった事態になることはありません。

普遍的なデザインなのでどこででも使えて便利

goodrのサングラスで一番のお気に入りポイントは、「ウエリントン型」の流行り廃りのないデザインを採用している点です。(実際は他にもいくつかバリエーションがあるのだけど)

僕のようなスーパーライトユーザーにとって、ランニング専用のハイスペックなサングラスのデザインはあまりにも着用のハードルが高く、しかも日常では使いにくいので活躍の場がぐっと減ってしまいます。

その点、スタンダードな形をしたgoodrのサングラスならば普段使いでも全く問題ありません。(白状すると、普段使いで問題ないと言うよりも、ほぼ普段使いしています)デザインはどんな格好でも問題ありませんし、軽量で持ち運びしやすく、値段もリーズナブルなので神経質になる必要もありません。

デザインといえば、可愛らしい袋もお気に入りです。この袋はマイクロファイバー製で、メンテナンスに使えます。

オークリー Frogskins(フロッグスキン)との比較

デザインが似ているので、オークリーのFrogskins(フロッグスキン)と迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Frogskinsがオークリーの中では安いモデルとはいえ、goodrのサングラスと比べると数倍しますので、「違いがあまり無いならばgoodrのサングラスで良いや」と思ってしまいますよね。

お断りしておくと、Frogskins(フロッグスキン)はランニング用ではないのでそもそも単純な比較はできません。ここでは主に日常使いした時の使用感について少しだけ紹介しておきます。

まず、フィット感はgoodrに軍配が上がりそうです。繰り返しになりますがFrogskins(フロッグスキン)はランニング用ではないので当然なのかもしれません。ただし、Frogskins(フロッグスキン)のフィット感が悪い訳ではありませんし、そもそも激しい運動をしないのであればどちらでも気になることはないと思います。

軽さはほぼ同じ。1g程度の違いしかありませんでした。どちらも軽量です。

一番違いを感じるのはレンズの見え方です。見やすいのはFrogskinsの方です。(僕の持っているFrogskinsは偏光レンズではないので比較対象として適しているとは言い難いのですが) Frogskinsは何を見てもクッキリ。goodrも悪くはありませんが、比べてしまうと値段なりの違いはあるように感じます。

結論としてどちらがおすすめなのか?と聞かれるとかなり迷ってしまいます。

たしかにオークリーの方が高品質です。でも、goodrの機能と価格のバランスはやはり絶妙で、「これで十分だよね?」と言われたら「その通り」と解答するしかない気がするのです。

goodrが提案しているように、同じ値段を出すならばgoodrのサングラスとビールを飲んだ方が幸せなのかもしれませんね。

まとめ

goodrのサングラスは素晴らしくコストパフォーマンスの高い逸品です。素敵なカラーも多すぎて何個も欲しくなってしまいます。

唯一の問題は、取り扱い店舗がまだ少なく実際に手にとって判断しにくい点でしょうか。僕は都内のオッシュマンズでいろいろと確認しながら購入できましたが、お近くに取り扱い店が無い場合は在庫が豊富なメーカー公式オンラインショップを利用するしかなさそうです。残念ながらAmazonにも売っていませんし、楽天で売っているgoodrは高すぎです。

通販になるとサイズが心配ですが、頭大きめの僕でも問題ありません。奥さんとも共用しているぐらいなので、あまり慎重にならず先ずは好きなカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

見た目だけの安いサングラスとは違う、高い満足度を得られると思いますよ。

【関連サイト】goodr公式サイト

  おすすめトピック

おすすめ記事

1

アウトドアやスポーツをする人にはすっかりおなじみとなった「スポーツタイツ」。 アウトドアやスポーツをしなくても、フェスや ...

2

今回は一足持っていると非常に重宝する「防水機能を持ったスニーカー」のお話です。 外出先で履物が濡れてしまった時の不快さは ...

3

この3〜4年ですっかり風物詩となってしまったパタゴニア「クラシック・レトロX・ジャケット」争奪戦のお話です。 「クラシッ ...

-旅の道具

Copyright© MONOTABI , 2020 All Rights Reserved.