シューズ・サンダル

スタンスミス GORE-TEX搭載モデルが再登場!したけれど要注意

2019年の10月に、男女問わず大人気なアディダスのスタンスミスにゴアテックスを搭載したモデルが登場しました。

スタンスミスのゴアテックス搭載モデルは何年か前にも発売され、あっという間に売り切れてしまっただけに、今回のモデルも早々に売り切れてしまうことは間違い無さそうです。

なんて事を考えながら、発売直後に僕自身も1足確保してみたのですが、今回のゴアテックス搭載スタンスミスは要注意ポイントのあるモデルでした。

デザイン面も少しオリジナルなゴアテックス搭載スタンスミス

まずはデザインのお話から。

先述の通り、このスニーカーは人気のスタンスミスにゴアテックスを搭載したモデルです。

違いは素材だけでなく、デザイン面も通常のスタンスミスとは少し違っています。

お馴染みのイラストは白ベースに白で描かれているのでほどんど見えません。

そして、踵部分のアディダスロゴも描かれていません。

一見偽物?とさえ思えてしまうようなシンプルなデザインで登場したゴアテックス搭載スタンスミスは、他人との差別化が図れるスペシャルな一足であることは間違い無さそうです。

搭載されたゴアテックスは「GORETEXINFINIUM™ THERMIUM™ プロダクトテクノロジー」

そして、本題のゴアテックスです。

繰り返しますが、このスタンスミスはゴアテックスを搭載しています。

本体にもロゴがバッチリ。

あれ?なんだかないつものゴアテックスロゴと違いますね。

タグには「GORETEX INFINIUM」と書かれています。

この「GORETEX INFINIUM」は、2018年に新登場した新素材です。ゴアテックスのホームページには「GORETEX INFINIUM」について紹介されています。

公式サイト>>GORETEX INFINIUMプロダクトシリーズ

しかし、「防水性よりも快適性とパフォーマンスを優先する時に」とキャッチコピーがつけられた「GORETEX INFINIUM」は、公式サイトをいくら読んでもどのようなスペックを持つ素材なのかがイマイチ分かり辛いです。

それもそのはずで、「GORETEX INFINIUM」というシリーズの中にも用途に応じた全く機能の異なる素材が用意されていて、「撥水性」「防風性」「保温性」「透湿性」など、様々な機能を様々な組み合わせでバラバラに持っているのです。

「GORETEX INFINIUM」の登場により、「GORETEX INFINIUM」というロゴが付いていても、実際にどんな機能を持った素材なのは調べないと分からない、という非常に混乱しがちな状態となってしまいました。

今回のスタンスミスGORE-TEX搭載モデルは防水じゃない?

さて、話をスタンスミスに戻します。

「GORETEX INFINIUM」が搭載されている訳ですが、僕がこのスタンスミスに期待していたのは防水性でした。

実際に、このスタンスミスの発売を紹介したメディアの中には「防水性を搭載しつつ、新素材は保温性を発揮する」と書いてあるサイトもありました。

しかも、数年前にはゴアテックス搭載モデルが存在した訳ですから、勝手に今回も「防水機能のあるスタンスミス」と認識してしまったのです。

僕は「おぉ!これはオールシーズンで大活躍しそうだね!」と喜び勇んでアディダスショップへ向かいました。そして、アディダスショップの店員さんも「防水モデルは便利ですよね!」とのことでしたので、何の疑いもなく即購入してしまいました。

しかし、帰宅してアディダスの公式ページを読むと、どこにも「防水」なんて表現は書かれていません。さらに上記のゴアテックスHPを調べたところ、どうやらこのモデルに防水性が無い可能性がありそうだぞ、と気が付き始めたのです。

真冬に真価を発揮するスタンスミスだった

これは諦めてズバリの回答をもらうしかないよ?という事で、アディダスの公式サイトに問い合わせをしてみました。

そして以下が回答です。

お問い合わせいただきました「STAN SMITH(商品番号:FU8926)」の「GORE-TEX INFINIUM THERMIUM」は、優れた保温性を発揮テクノロジーでございまして、撥水・防水機能の搭載はございません。

はい、無情にも撥水機能まで無いことが判明しました…。

アディダス公式の回答通り、今回発売されたゴアテックス搭載スタンスミスは、「寒さに強いスタンスミス」という事になるようです。

真冬でも快適性を犠牲にすることなくお気に入りのスタイルを維持できるのであれば、ゴアテックスの新素材を搭載したスタンスミスは歓迎すべきもの、なのかもしれません。

とは言え、僕も含めこのスタンスミスに防水性を期待してしまった方は少なくない訳で(公式サイトのレビューでも勘違いされている方がいらっしゃいますね)、ゴアテックス社にはもう少し分かりやすい展開を期待したいものです。

とりあえず、防水性ならば黒いロゴの「GORETEX」、非防水性ならば白いロゴの「GORETEX INFINIUM」という棲み分けになっているそうなので、白いゴアテックスロゴは要注意と覚えておいた方が良さそうですね。

まとめ

今回のゴアテックス搭載スタンスミスには防水性が全く無いことが分かり、正直がっかりしてしまいました。

しかし、価格は普通のスタンスミスとあまり変わりませんし、デザインにも特徴があり、しかも寒さにも強いという特技を持つユニークなモデルですので、冷静になって考えてみるとこれはこれでアリな気もしてきました。

真冬に突入するこれからのシーズン、はたしてこのゴアテックスの新素材がどこまで効果を発揮してくれるのでしょうか?

今後改めてレビューしたいと思います。

【紹介アイテム】

スタンスミス GORE-TEX

  おすすめトピック

おすすめ記事

1

パタゴニア公式オンラインショップに2019年春夏アイテムが追加されています。 その中で特に注目を集めているのは、ここ数年 ...

2

アウトドアやスポーツをする人にはすっかりおなじみとなった「スポーツタイツ」。 アウトドアやスポーツをしなくても、フェスや ...

3

今回は一足持っていると非常に重宝する「防水機能を持ったスニーカー」の話です。 外出先で履物が濡れてしまった時の不快さは本 ...

-シューズ・サンダル

Copyright© MONOTABI , 2019 All Rights Reserved.