MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

極寒!冬の奈良井宿を訪問してきたよ

      2016/12/27

Pocket

DSC_0360

 江戸情緒を感じる事の出来る場所、宿場街。

その一つである長野県塩尻市にある奈良井宿を訪問してみましたよ。簡単ですが旅の記録です。

奈良井宿について

江戸時代、江戸と京の都を結ぶ重要な街道であった中山道。その中山道六九次のうち、木曽路には11もの宿駅が存在しました。奈良井宿は木曽路11宿の中で北から2番目にあたり、上町・中町・下町の3つの街区から構成されています。今なお日本の情緒を色濃く残す観光スポットです。http://www.naraijuku.com/narai

スポンサーリンク

アクセス

東京方面→(JR中央本線)→塩尻駅→(JR中央本線)→奈良井
新宿から出発すると3時間〜3時間半程度かかります。

旅の持ち物
カメラ:Nikon D7000
レンズ:DX NIKKOR 35mm f/1.8G
ザック:Patagonia Transport Pack 30L
モバイル:iPhone6 plus、ドコモガラケー
モバイルバッテリー:Anker Astro3E
イヤフォン:SHURE  SE112
オーガナイザー:無印良品(着替え)
髭剃り:T字
財布

午後から雪の天気予報が少し気になりながらもパタゴニアのジャケットでなんとかなる事を信じ、傘は無し。いつもはブラウンの髭剃りを持って行きますが、この日はなるべく軽くしたかったのでT字で代用です。

IMG_7942

塩尻から奈良井までのローカル線、順調に乗り換えしたのは良いももの、電車の降り方が分かりません。塩尻駅で2両車の後方から乗り込んだ訳ですが、各駅に停まっても後方車両の扉が開かないのです。車内放送を聞くに、どうやら無人駅では前方車両に移動し、一番前から料金を支払う必要がある模様。急いで移動します。

さらに困った事に、この電車はスイカに対応していませんでした。都内から一度も改札を出ていない為、全て未清算状態です。事情を説明し、車掌さんに諸手続きをしてもらい、約3分程度電車は停車。東京でこんな事したらとんでもない事になるところですが、どうやら電車は奈良井で数分停車する予定だったようで、発車ギリギリで降車する事が出来ました。

奈良井宿着

こじんまりとした駅を出るとすぐに、江戸時代にタイムスリップしたかのような建物が続いています。

あら素敵。 DSC_0196雪の降る中、凍えながらも街並みを探索します。

この奈良井宿、約1kmもこの風景が続きます。

都内でも、中途半端に数件古い建物が続く風景は時々目にする事は出来ますが、この規模で当時の名残を感じる事が出来る場所は少ないのではないでしょうか。

しかし、写真でお気づきかもしれませんが、人が全くいません。そしてお店もほとんど開いてません。

冬の奈良井宿訪問はオススメか?

奈良井宿の2月は間違いなくオフシーズンなのでしょう。ほとんどの観光施設やお店は開いてませんし、宿もお休みしている所がありました。

現地の方曰く、冬の奈良井宿は寒いから別の季節に来なさいとの事。写真を撮る事や、建物にあまり興味な無い方だと、冬の訪問は辛いだけに終わってしまうかもしれません。

しかし、これだけ書くと冬に訪れる価値が無いと思われるかもしれませんが、私の感想はそうではありません。観光客のほとんどいないこの季節、どこか寂しさを感じながらも、独特の雰囲気を感じる事が出来ました。

また、2月3日にはこんな素敵なイベントが毎年開催されている模様。そして、この日ばかりはカメラを抱えた観光客が押し寄せるそうですよ。

昔より風習を大切にしてきた奈良井宿...2月3日厳寒の中、各家々より「鬼は外、福は内」の声が響きわたる頃。冬のビックイベント「奈良井宿アイスキャンドルまつり」が開催されます。奈良井駅より鎮神社までの約1km程に渡って各家で作られた手作りのアイスキャンドルが宿場通りの両側に灯されます。冬の厳しい宿場街になんとも表現できない幻想的な風景が浮かび上がります。是非、一度ご覧ください。暖かな身支度をしてお出かけ下さい。http://www.naraijuku.com/2010/10/post-59.html

今回は冬の奈良井宿訪問でしたが、別の季節にまた訪れたい魅力がある街であるのも確かです。また、もう少し余裕をもって宿場町巡りなんてのもしてみたいかも。

最後に、今回の旅の道具について

カメラとレンズは全然ダメでした。ピントぼけ連発、もちろん私の腕の問題です。あと、単焦点1本で旅に出る事に憧れていたのですが、私の撮り方だと、もう少し広角の方が良いのかもしれません。

DSC_0235

一方、最近購入したパタゴニアのザックは上々の評価です。雪が結構強く降っていたのですが、撥水性もある為、安心して使う事が出来ました。 不要だった物は特に無し。持って行っても良かったのはコンパクトなショッピングバッグでしょうか。大浴場への移動時や、お土産の持ち運びにあると便利だったでしょう。

関連記事 二日目は甲府観光です。

Pocket

  おすすめトピック

 - 旅の記録