MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

スペイン直行便の所要時間と航空券料金を調べてみた。

      2017/07/25

Pocket
LINEで送る

スペイン直行便復活の記事を書くのは2度目

今回は、スペイン直行便就航により、所要時間はどのくらい短縮されるのか、あと気になる航空券料金について調べてみましたよ。

就航開始は2016年10月18日

直行便はイベリア航空が成田−マドリード間で就航します。就航開始は今年の10月18日、早速イベリア航空のHPで予約検索してみましょう!

イベリア航空のHPは、早くも日本語対応が始まってますよ!(以前から対応していたのかもしれませんが)

スクリーンショット 2016-04-06 22.21.43

成田発は月曜と水曜、土曜。戻りのマドリード発は火曜と金曜、日曜に運航予定です。10月18日は火曜日ですので、成田発は翌日19日が最初の便となります。

では、試しに10月19日の便を調べてみましょう。

スポンサーリンク

 スクリーンショット 2016-04-06 22.44.59

結果がこちら。

スクリーンショット 2016-04-06 22.24.49

と、なる前に、何度かエラーでスペイン語表示に切り替ってしましました。いまいち安定感が無い模様です。では気を取り直して検索結果です。

往路51,110円〜。所要時間14時間

スクリーンショット 2016-04-06 22.38.22

航空券の料金については時期で変動する可能性が高いので参考までに。4月6日現在の料金は51,110円から。そして気になる所要時間は14時間です。

所要時間は大幅短縮

14時間って早くなったの?と気になる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は以下をご覧ください。

スクリーンショット 2016-04-06 21.59.03

もちろん大幅に短縮!

今までは欧州各地の乗り換えで16時間〜18時間近くかかっていましたので、最高4時間近い短縮となります。

筆者もスイス乗り換えでスペインを訪問した事がありますが、現地到着までに18時間近くを費やし、到着時にはクタクタだった記憶があります。旅行者にとって、4時間の短縮は本当にメリットですね。

では、次は帰りの便をみてみましょう。
10月23日で検索。結果はこちらです。

復路51,930円〜。所要時間13時間15分

スクリーンショット 2016-04-06 22.38.44
料金は51,930円から。所要時間は13時間15分です。旅行の帰りは大抵疲れて寝ている事が多いのですが、途中、トランジットでドキドキする事なく休めるのは嬉しいですね。

まとめ

スペインは、直行便が無かった為、有名観光地ながらも、日本から訪れるには少しハードルが高かったイメージ。しかし、直行便の復活でぐっと身近な観光地になったのは間違いなさそうです。今のうちに便だけ確保し、宿は別途安くで探す事が出来れば、本当に便利で割安なスペイン旅行を楽しめそうですよ。

イベリア航空 運航スケジュール
10月18日から29日まで
IB6801 マドリード(13:20)→成田(翌日09:35)運航日:火金日
IB6800 成田(11:20)→マドリード(18:20)運航日:月水金

10月30日以降
IB6801 マドリード(12:20)→成田(翌日09:35)運航日:火金日
IB6800 成田(11:20)→マドリード(17:20)運航日:月水金

詳細:イベリア航空

【関連記事】
エスポカードは海外旅行前に作るべき!年会費無料で海外旅行保険も充実だよ。

スーツケースのレンタルサービスがおすすめな4つの理由

Pocket
LINEで送る

  おすすめトピック

 - ニュース・情報