MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

最高の履き心地「ニューバランス M1700」の思い出話。また欲しくなってきた。

      2017/06/10

Pocket
LINEで送る

いきなり汚い靴の写真ですいません。

昔話です。

昨日ニューバランスの新商品記事を書いてて思い出しました。

「M1700」の事を。

それは2000年前半。当時新卒で入った会社が超激務で、9時半出社の24時〜1時帰宅はザラだったのですが、おまけに小売店だった為にほぼ立ちっぱなし。帰宅した時には毎日クタクタだし足は痛いしで心身共にどうにかなりそうな毎日が続いていました。

そんな中、大学時代からお世話になっていたセレクトショップのお兄さんからサラッとお勧めされたのがニューバランスの「M1700」でした。

「これ凄いよ。全然疲れ無い。高いけどそんだけ立ちっぱなしなら絶対後悔しないから」とかなんとか。

当時いろいろと弱っていた僕は判断力もかなり低下していたようで、3万円以上するスニーカーを何の迷いも無く購入してしまったのでした。

スポンサーリンク

ニューバランス「M1700」の履き心地は最高だった

家に帰ってから少々恐ろしくなりはしましたが、「M1700」を履き出すとそんな事はどこかに吹き飛んでしましました。

とにかく今までに経験した事のない極上の履き心地だったのです。

当時コンバースのオールスターやナイキのエアプレストあたりをよく履いていましたが、全く別物でしたね。

長時間労働した後の足の疲れは激減しました。

もちろん比較対象がオールスターでは当然と言えば当然なのですが、スニーカー一つでこんなにも変わるものかと感動したものです。

それ以来、仕事中はもちろん、どこに行くにも「M1700」を履いていました。

小売店を退職し、地場の中小IT企業に転職したあとも、幸いな事に私服通勤が可能でしたのでいつも「M1700」でしたね。

この職場は人間関係最悪&給料も低い素敵な職場でしたが、社内レクレーションとして約40kmを飲まず喰わずで歩くという極悪なイベントに強制参加させられた事があり、その際も「M1700」で無事全行程を歩き終えたのでした。

40kmを歩いたあと、当然疲れはありましたが、足自体にはそんなに疲れを感じていなかった事を覚えています。

「M1700凄いな」と関心した瞬間でした。

「M1700」が加水分解で劣化してきた

「M1700」は、3年も経つと次第に見た目の劣化が進んできました。

かかとのクッションは破れてくるし、親指部分は少し薄くなってくるしと、客観的に見るとかなり汚らしい状態だったと思います。

それでも「M1700」以上のスニーカーを知らなかった僕は気にせず履き続けていた訳ですが、4年目になろうかという時期にそれはやってきました。

そう、スニーカーには避けられ無い現象、ソールの「加水分解」です。

「加水分解」を完全に避ける事はできませんが、

  • 湿気を避け風通しの良い場所に保管する
  • 履いた後は汚れや湿気を落とす

等、もう少し気を使っていれば「加水分解」を遅らせる事はできたのでしょうが、そんな事を気にする事なく履きまくっていた為に思いの外早くその時がやってきてしまったようです。

加水分解の進んだスニーカーを履く事はできませんので、泣く泣く靴箱に保存する事にしたのでした。

「M1700」はソールの張り替えができる

ご存知の方も多いと思いますが、ニューバランスの一部商品は修理して履き続ける事が可能です。(M1300、M1400、M1500、M1700、M996、M576、M577等)

「M1700」も修理可能なスニーカーですので、直ぐに修理に出せば良かったのかもしれませんね。

当時の僕が何を考えていたのは記憶が定かではありませんが、「加水分解」したスニーカーを元箱に戻して保管するという最悪の選択をしてしまったのでした。

ちなみに、ニューバランスの修理はお客様相談室に電話し、修理を申し込みする事で可能です。

費用は商品次第ですが、ソールだけならば1万円弱で修理可能だったように思います。

当時の僕はこの1万円をケチってしまったのでしょうか?

数年ぶりに出した「M1700」は超ボロボロ

本日久しぶりに出してみましたよ 、「M1700」

超絶ボロボロです。

表面には白いカビのようなものが付着しているし、ソールの加水分解はさらに進み、もう修理でどうにかできるような状態ではないようです。

ソールだけ新品になっても他がボロボロすぎてあまりにアンバランスですものね。

これは廃棄するしか無いのかもしれません。

あぁ悲しい(と言う割に保管が酷いのですが)

「M1700」は復刻販売中なのだ

当時「M1700」を買って以来、オリジナルのUSA製ではなかなか再販されなかった「M1700」ですが、数年前(昨年でした?)奇跡の大復活をしています。

すっかり速攻で完売するものだと思っていましたが、メーカーHPやアマゾンを見たら在庫あるんですね。

相変わらず3万5000円以上もする為に買う人はそんなに多く無いのでしょうか?

かく言う僕も、今のところ購入には至っていません。40才も近づき、家庭もある大人(年齢だけね)には当時のように簡単に買ってしまえる思いっきりが無くなってしまったようです。

間違いなく極上のはき心地を得られる事は知っているんですけどね。

ちなみに、今の主力スニーカーは「M1400」で、これはこれで気に入っているのですが、「M1700」で感じたような感動的な履き心地は得られていません。

昨日から「きちんと保管して時々履くなら10年履けるかな?10年で3.6万なら安くない?」なんて悪魔が囁いていますが、もう少し慎重に悩んでみようと思います。

Pocket
LINEで送る

  おすすめトピック

 - シューズ・サンダル