MONOTABI

旅、モノ、観光、イベント、お役立ち情報などをお届けするブログ

九州旅行に行こう!熊本、大分両県観光地の現状を調べてみた。

      2016/12/16

Pocket
LINEで送る

deltaworks-2_1008x672撮影:浅川浩二

熊本地震で落ち込んだ九州の観光復興策が政府より発表になりました。

震源となった熊本、大分両県はもちろん、それ以外の九州各県でも観光ツアーのキャンセルが相次ぎ(75万人近いキャンセルが発生)、かなり深刻な状況なようです。

 政府は31日の閣議で、2016年度補正予算に盛り込まれた「熊本地震復旧等予備費」7000億円のうち、第1弾となる計1023億円の使い道を決めた。

 地震の影響で落ち込んだ九州の観光振興策として、地方自治体が新たに発行する「九州観光支援旅行券」への補助に180億円を充てる。このほか、400億円を中小企業の経営再建に向けた補助金に使う。

 旅行券は、九州7県に旅行する人の宿泊代などを補助するものだ。旅行会社などで額面より安い価格で購入し、利用する。額面と販売価格の差(割引率)は熊本、大分両県では平均50%、最大70%となる。例えば、割引率50%の場合、額面1万円の旅行券を5000円で購入できる。両県以外の割引率は平均20%。

 割引の実施期間は7月から12月まで。早期に旅行需要を回復するため、10~12月の割引率は熊本、大分が25%に、それ以外は10%に下がる。

読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160531-OYT1T50049.html?from=tw

この記事では割引を受けられる仕組みがやや分かりにくいですが、旅行者としては、既に割引価格となったツアーを旅行会社から購入することになるようですね。

九州出身の筆者、このニュースを見て、熊本、大分エリアの観光地は現在どのような状況なのか調べてみました。

スポンサーリンク

熊本市内

deltaworks-1239_1008x672撮影:浅川浩二

熊本のシンボル熊本城が非常に大きなダメージを受け現在も立入禁止となっていますが、水前寺公園は6月1日より通常開園となりました!心配された池の水位も半分近くまで戻ってきているようです。

宿泊施設については、まだ再開の目処がたたないホテルもあるようですが、次第に営業を再開するホテルが増えてきていますよ!

観光地

熊本城(本丸有料区域他) 立入禁止
※二の丸広場・駐車場は立入可能

城彩苑 営業再開 ※湧々座は閉鎖中

旧細川刑部邸 閉館中

水前寺成趣園 6月1日から通常開園

熊本県立美術館 開館

田原坂西南戦争資料館 開館

夏目漱石内坪井旧居 閉館中

熊本洋学校教師ジェーンズ邸 閉館中

小泉八雲熊本旧居 閉館中

宿泊施設

・熊本地震における宿泊施設営業状況-ANA(熊本市内、阿蘇、黒川、湯布院の情報あり)
https://www.ana.co.jp/travel/info/news/pdf/hotellist.pdf

交通・運行状況

熊本空港 通常運行(レストラン街、展望デッキ等が閉鎖中)
http://www.kmj-ab.co.jp/

JR運行状況
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/unkou.jsp

<九州新幹線・在来線の運転計画>
【5月7日から当分の間】
●九州新幹線【博多から鹿児島中央】当分の間、変更ダイヤで運転します。 ※時刻はJR九州のホームページを参照して下さい。 ※「B&Sみやざき」は通常運転を行っています。新八代駅で、九州新幹線の所定列車との接続は行っておりませんが、乗り継ぎ可能な列車(九州新幹線及び鹿児島本線)があります。詳しくは、JR九州バスのホームページをご参照ください。
●「九州横断特急」「あそぼーい!」は、終日運転見合わせ。その他の特急列車およびD&S列車は始発から運転 ※「あそぼーい!」は、6月1~5,10~12,15~19,22~26,29,30日に【門司港から博多間】で臨時運転。 ≪快速・普通列車≫
■終日運転見合わせ 豊肥本線【肥後大津から豊後荻】 ※宮地から豊後荻間については、バスによる代行輸送を実施。
■本数を減らして運転 豊肥本線【熊本から肥後大津】

阿蘇

DSC_5669_1008x669撮影:浅川正二

阿蘇エリアの被害は甚大で、正常な状態に戻るにはかなりの時間を要しそうですが、徐々にライフラインの復旧が始まっており、営業再開している施設が増えています。ただし、通行止めのエリアや、運休中の電車やバスも多いため、訪問する場合、事前の情報確認が必須です。

観光地

阿蘇ユネスコジオパーク 当面の間見合せ
http://www.aso-geopark.jp/

阿蘇山登山情報 崩落及びルート寸断が発生し通行不可
http://www.pref.kumamoto.jp/kenhoku/kiji_10328.html

阿蘇ロープウェー 休止中
http://www.kyusanko.co.jp/aso/

阿蘇ファームランド 閉鎖中
http://www.asofarmland.co.jp

カドリー ドミニオン 応援価格で営業中!
http://www.cuddly.co.jp/

白川水源
心配された水源の枯れは無かったようです。

観光・宿泊施設

ホテル・施設の営業状況(宿や食事処の営業状況を確認できます)
http://www.asocity-kanko.jp/

みなみあそ村観光協会
http://minamiasokanko.jp/yado/

交通状況

道の駅阿蘇(阿蘇周辺道路情報を定期的に配信されています)
http://www.aso-denku.jp/

九州横断バス
「乙姫〜阿蘇駅〜内牧」区間の運⾏を5⽉16日(⽉)より再開http://www.kyusanko.co.jp/sankobus/kyushu_odan/

九州横断バス 震災特別ダイヤについて
http://www.kyusanko.co.jp/sankobus_top/sites/all/themes/SankobusTop/pdf/sptt_0516oudan.pdf

あそぼーい  終日運転見合わせ
※「あそぼーい!」は、6月1~5,10~12,15~19,22~26,29,30日に【門司港から博多間】で臨時運転予定。
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/unkou.jsp

黒川温泉

一部を除き、ほとんどの宿が営業中です。黒川温泉を訪問するには車が便利ですが、地震の影響で通行止め区間がありますので事前に通行可能エリアを確認して訪問するようにしましょう。

宿泊施設

営業状況
http://www.kurokawaonsen.or.jp/free/free.php?intFreeKey=134&intKKey=3

交通状況

福岡、熊本方面どちらにも通行止め区間があるため、迂回が必要です。
http://www.kurokawaonsen.or.jp/free/free.php?intFreeKey=140&intKKey=3

菊池渓谷

deltaworks-1050533_1006x756撮影:浅川正二

復旧作業・安全確認ができるまでの当分の間、菊池渓谷への入谷は禁止されいます。
http://www.city.kikuchi.lg.jp/kankou/q/aview/110/1311.html

現状を報告されているブログです。
http://keikoku.exblog.jp/25168753/

人吉・球磨

P1010544_1008x648

撮影:浅川正二

球磨川下りや国宝の青井阿蘇神社などで有名なこのエリア、地震の影響は軽微だったようで、各施設ともに元気に営業されているようです。

人吉観光協会
http://hitoyoshionsen.net/

天草

DSC_0156_1008x669

天草も地震の影響は無かったようです。世界遺産登録を目指している崎津集落や、イルカウォッチングができることで有名ですね。

天草宝島観光協会
http://www.t-island.jp/

別府・湯布院

大分を代表する観光地である湯布院と別府。どちらも、いつ行っても観光客でごった返しているイメージですが、地震の影響で訪れる方がかなり減少しているようです。別府、湯布院ともに、ほとんどの施設が営業中ですので、ゆっくり過ごすには今がチャンスかもしれませんよ!

別府 観光・宿泊施設

別府なび 全ての施設が営業中とのこと
http://www.beppu-navi.jp/earthquakeinformation/

湯布院 観光・宿泊施設

湯布院温泉観光協会
平成28年5月13日現在、由布院温泉観光協会加盟店舗の9割強にあたる174軒が営業中。
http://www.yufuin.gr.jp/newpage1.html

「九州ふっこう割」について(随時更新)

7月1日から助成金を利用したツアーが各旅行代理店より販売となります。

ポータルサイトでは7月1日以降随時情報が更新されるようですので確認してみてはいかがでしょう?また、既にキャンペーンページが立ち上がっている会社もリンクでご紹介しておきます。





まとめ

まだまだ地震の影響が強く残り、完全に復興している状況とは言い辛い状況なのは確かですが、その中でも多くの施設が営業を再開しており、観光客の訪問を必要としています。事前に状況を確認する必要はありますが、必要以上の「自制」などせずに、どんどん訪問したいものです。僕も近々帰省ついでに各地を旅行してみようかと。

※イメージ写真は下記のサイトから使用させて頂きました。
熊本の美しい写真の数々。一刻も早くこの風景を取り戻す事を願うばかりです。

キロクマ!
http://kumamoto.photo/archives/

おすすめ記事

Pocket
LINEで送る

  おすすめトピック

 - ニュース・情報